恐怖症の基礎知識~原因、診断、治療~

その他

恐怖症とは

恐怖症は、物体、場所、状況、感情または動物に対する圧倒的かつ衰弱性のある恐怖のことです。

恐怖症は恐れよりも顕著なものです。特定の状況や目的に関して誇張された、または非現実的な危険感を持つときに発達します。
恐怖症が非常に重篤になった場合、不安を引き起こしている事を避けるために自分の人生を制限するかもしれません。日々の生活を制限するだけでなく、多くの苦痛を引き起こす可能性もあります。

不安障害

恐怖症は不安障害の一種です。恐怖症の原因と接触するまでは何の症状も経験しないかもしれません。
しかし、場合によっては、恐怖症の原因について考えることさえ、人を不安に感じさせたり、パニックにする可能性があります。これは、先行不安として知られています。
症状には以下が含まれます。
不安定、めまい、眩暈
吐き気
発汗
心拍数の増加または動悸
息切れ
震えや揺れ
胃がムカムカする
恐怖症の原因に頻繁に接触しない場合は、日常生活に影響を与えないかもしれません。しかし、広場恐怖症のような複雑性恐怖症がある場合、正常な人生を送ることは非常に難しいくなるかもしれません。

恐怖症の種類

恐怖症を発症する可能性がある、さまざまな種類の物体や状況があります。しかし、恐怖症は2つの主なカテゴリーに分けることができます。
特定、または単純な恐怖症
複雑性恐怖症
2つのカテゴリについて以下に説明します。

特定または単純な恐怖症

具体的または単純な恐怖症は、特定の対象物、動物、状況または活動の周辺で起きます。小児期または思春期に発症することが多く、年を重ねるにつれて重症度が低くなることがあります。
単純な恐怖症の一般的な例には次のものがあります。
動物恐怖症 – 犬、クモ、ヘビや齧歯類など
環境恐怖症 – 高さ、深水、病原菌など
状況恐怖症 – 歯科医に行くことや飛行機に乗ること
身体恐怖症 – 血液、嘔吐、注射など
性的恐怖症 – パフォーマンスに関する不安や性感染症感染の恐怖など

複雑性恐怖症

複雑性恐怖症は単純な恐怖症と比較して、何もできなくなる傾向があります。成人期に発症する傾向があり、特定の状況や状況についての根本的な恐怖や不安に関連していることがよくあります。
最も一般的な二つの複雑な恐怖症は以下のものです。
広場恐怖症
社会恐怖症(対人恐怖症)
広場恐怖症はよく広場のようなオープンスペースに対する恐怖と考えられますが、これよりもはるかに複雑です。パニック発作を持っている場合、広場恐怖症のある人は、逃げることが困難な場所や状況に対する不安を感じます。
次のような場所や状況を不安で避けている人がこの恐怖症です。
一人でいる
混雑したレストランやスーパーなどの混雑した場所にいること
公共交通機関での移動
社会不安障害とも呼ばれる社会恐怖症は、社会的な状況で不安を感じることです。
社会恐怖症がある場合、自分を恥ずかしく思い、人前で屈辱を受けるという恐れを感じるため、人前で話をすることが恐ろしくなります。
重度の症例では、これは神経が衰弱する可能性があり、外食や友人と会う等、日常生活を妨げる可能性があります。

恐怖症の原因は何ですか?

恐怖症には単一の原因はありませんが、多くの関連要因があります。例えば次のようなものです。
恐怖症は特定の事件または外傷(トラウマ)と関連している可能性がある
恐怖症は、親または兄弟(兄弟または姉妹)が原因で、人生の早い段階で発達した学習反応の可能性がある
遺伝的要素が関連しているかもしれない。一部の人が他の人よりも不安を強く感じる傾向を持って生まれたという研究結果がある

恐怖症の診断

恐怖症は通常、正式には診断されません。恐怖症を抱えるほとんどの人は、この問題を十分に認識しています。
恐れている物や状況を避けることに最大の注意を払いながら、恐怖症と共に生きることを選ぶ人もいます。しかしながら、恐怖症がある場合、継続的に恐怖を感じているものを避けようとすることは、恐怖症を悪化させる場合もあります。
恐怖症がある場合は、医師からの助けを求める必要があります。医師は、心理学者のような行動療法の専門家を紹介してくれるかもしれません。

恐怖症の治療

恐怖症はどのようなものでも、うまく治療し治癒することができます。
単純な恐怖症は、恐怖や不安の原因となる物、動物、場所または状況に徐々にさらされることで治療できます。これは脱感作または自己曝露療法として知られています。
専門家の助けを借りて、またはセルフヘルププログラムの一部としてそれらの方法を試すことができます。
複雑な恐怖症の治療にはしばしば時間がかかり、次のような話療法を含みます。
カウンセリング
精神療法
認知行動療法
投薬療法は恐怖症の治療には通常使用されません。しかし、不安の影響に対処するために薬が投与されることがあります。次のような薬が投与されます。
抗うつ薬
鎮静剤
ベータ遮断薬

恐怖症はどれほどよくあるものでしょうか?

恐怖症は最も一般的なタイプの不安障害です。
年齢、性別、社会的背景を問わず、誰にでも影響を与えることがあります。一般的な恐怖症のいくつかは次に挙げるものです。
アラクノフォビア – クモ恐怖症
閉鎖空間恐怖症 - 閉鎖された場所への恐怖、閉所恐怖症
広場恐怖症 – オープンスペースや公共の場所に対する恐怖
社会恐怖症 – 社会的状況に対する恐怖

関連記事一覧