臍帯血幹細胞についての基礎知識

その他

臍帯血幹細胞とは

臍帯血幹細胞は免疫障害や目の癌などに利用されてきました。研究者は新しい使用法について研究しています。

最近まで、ほとんどの医者は臍帯血を出産後に捨てるものとしていました。しかし今では、赤ちゃんのへその緒を潜在的な幹細胞の豊富な供給源であり、回復プロセスを開始する信号を身体に送ることができると考える専門家がいます。移植薬に用いられ、時として骨髄よりも良い結果に繋がる場合もあります。再生治療に使われる場合は、患者自身の細胞なので拒絶のリスクがありません。

1988年、フランスのパリで初めて臍帯血幹細胞の移植が成功しました。それから移植は何千もの非近親者間、何百もの兄弟間で80以上の病気の治療のために行われました。免疫系(白血病)、リンパ系(リンパ腫)、骨髄(多発性骨髄腫)、眼(網膜芽細胞腫)、および神経系(神経芽細胞腫)のような多くの重大な癌も含まれています。また臍帯血幹細胞は遺伝的な血液障害(鎌状赤血球貧血)、感染から身を守る免疫不全(xリンク免疫不全、重症複合免疫不全)などの治療にも用いられています。また化学療法を受けている人の骨髄の回復や置き換えにも利用されています。

現在、臍帯血幹細胞は心臓病や糖尿病、新しい手足や臓器全体を成長させることはできません。しかし、これらの症状を臍帯血幹細胞によって治療しようというクリニックの試みが200件以上試みられています。臍帯血幹細胞で小児脳卒中と聴覚損失の回復を直そうと実験している研究者がいますし、患者自身の臍帯血幹細胞で外傷性脳傷害および脳性麻痺を治療しようとする実験もありました。

もし赤ちゃんの臍帯血を保管することを決めたら、あなたにとっても赤ちゃんにとっても痛みを伴わないプロセスを数分行うだけです。事前にどこに血液を保管するか決めましょう。誰が採取を行うか事前に医者と話し合うのが一番です。

関連記事一覧