妊娠期ホルモンについての基礎知識

その他

妊娠期間ホルモンについて

妊娠期ホルモンについて今、学び(そして敬意を表し)ましょう。

妊娠期ホルモン
ルーカス・オットン
妊娠期間の膨張、にきびや感情的爆発をホルモンのせいにするのは公平とは思われません。でも実際のところ、化学物質の強い混合は本当に、つかまってもいいくらいに原因となるのです。そしてこのところあなたの体に起きているよいこともわるいことも含めみんな、それらのせいにできるわけです。以下は妊娠期間に含まれる重要なホルモンです。

妊娠期間のホルモンを理解する

主要な妊娠期ホルモンには以下のものが含まれます。

FSH

卵胞刺激ホルモンは妊娠期間を始めるのに必要なもので、妊娠をする前から存在する、ホルモンのほとばしりの最初のものです。

LH

黄体形成ホルモンは月経期を卵胞刺激ホルモンとともにつかさどります。卵胞刺激ホルモンも黄体形成ホルモンも妊娠期間それ自体のうちは働きません。

hCG

ひとたび卵子が精子と出会うと、ヒト絨毛性ゴナドトロピンはエストロゲンとプロゲステロンの生成を促進します。またお母さんの免疫機構に育ってゆく赤ちゃんを支えるように促します。

エストロゲン

ヒト絨毛性ゴナドトロピンに、ついで胎盤に刺激され、エストロゲンは子宮の成長を助け、ほかの重要なホルモンの生成を調整し、赤ちゃんの器官やほかの機能の発達をうながします。

プロゲステロン

エストロゲンと同様、この妊娠期ホルモンはまずヒト絨毛性ゴナドトロピンに、ついで胎盤に刺激されます。たくさんの目的があるなかでも、プロゲステロンは胸の組織の成長を助け、出産に備えその後靭帯と軟骨を柔らかくするのを支えます。

リラキシン

このホルモンは筋肉、骨、靭帯と関節を妊娠期間の後期に出産に備え弛緩させる役割を果たします。

血管内皮細胞増殖因子

血管の成長をうながすことで、このホルモンは赤ちゃんを育てるのに必要で増えた血液量をささえます。

HPL

ヒト胎盤性ラクトゲンは胸から母乳を出す準備をします。血管内皮細胞増殖因子とともに、赤ちゃんに栄養を送るのにお母さんの新陳代謝を適応させるため胎盤によってつくられます。ある女性たちの中では、ヒト胎盤性ラクトゲンと血管内皮細胞増殖因子はインスリンを阻害し、妊娠性糖尿病につながるとされます。

オキシトシン

妊娠期間じゅうずっと存在しますが、この筋肉縮小ホルモンは分娩時間の縮小を促すことでもっとも知られています。

プロラクチン

このホルモンは胸を大きくし、最終的には母乳を生成します。

それで、そのホルモンが安全な妊娠期間にもっとも影響を及ぼすのでしょう?すべての妊娠期ホルモンが必要である一方、いくつかのものは非常な働きを見せます。ヒト絨毛性ゴナドトロピンは物事をうまく進め、お医者さんが最初に妊娠を確認するために検査するホルモンです。ひとたびそれが働けば、エストロゲンとプロゲステロンが一般的な妊娠期間の症状と同じく胎児の発達を刺激する主要な役目を3ヶ月、6ヶ月のあいだ果たします。

妊娠期間を始めるのに必要なホルモンについてさらに読み、学びましょう。

卵胞刺激ホルモン(FSH)

月経期の最初に、古い子宮内壁が崩れ去るように、卵胞刺激ホルモンは卵巣の、卵子を持っている卵胞を成熟させエストロゲンをつくるよう刺激します。エストロゲンは子宮内壁を作り直させ、妊娠したときに、最終的には卵胞刺激ホルモンのさらなる分泌を止めます(ですから妊娠しているときは排卵が起こらないわけです)。

二卵性の双子を授かる女性はしばしば卵胞刺激ホルモンの数値が高く、1つ以上の卵子を排卵しやすいのです。35歳以上の女性によく見られ、そういうわけでよく年長の女性は双子を持ちやすいといわれるのです。

黄体形成ホルモン

卵胞刺激ホルモンがエストロゲンの生成を始めるように、エストロゲンは黄体形成ホルモンを放出し、そうすると卵胞がはじけて卵子が放出されます。広がった卵胞は黄体と呼ばれる、ふつう約14日で壊れるようになっている構造になります。そうなると、減退していくホルモンの数値が崩壊の期限を刺激するわけです。

しかしもし精子と卵子が結合したら、黄体は壊れるのではなくうろうろし、成長をつづけ赤ちゃんをはぐくみ支えるのに十分なホルモンを生み出します。黄体が放出したプロゲステロンは子宮の成熟と黄体形成ホルモンの抑制を、約6週間で収縮しはじめて胎盤がおおよそ12週間までに代わりを務め始めるまで行います。

もし妊娠について問題があれば、お医者さんが黄体形成ホルモンの数値を調べてくださるかもしれません。通常より数値が高いとき、排卵は起こっていないか、もしかすると性ホルモンの全体的な不調と関連があるのかもしれません(PCOSとして知られる多嚢胞性卵巣症候群も同様に)。

ヒト絨毛性ゴナドトロピン(HCG)

そのときはご存知なかったかもしれませんが、お母さんは小さな陽性サインが家庭用妊娠検査に出た日からすでにヒト絨毛性ゴナドトロピンと一緒にいるのです。この妊娠のために存在するホルモンは子宮や血液に含まれています。それで棒に小便をしてお医者さんが確認のために血液検査をするのです。

ヒト絨毛性ゴナドトロピンは子宮内層に成長した卵子が植えつけられてから数日以内に新しく成長している胎盤の細胞で作られています。それが黄体形成ホルモンにさらにエストロゲンとプロゲステロンを出すように刺激させるのです。もしおなかに一人以上赤ちゃんがいたら、血流中にこのホルモンがますます多く流れていることが予想されます。女性一人ひとりのヒト絨毛性ゴナドトロピンの数値は違っていて、かなり幅がある場合があります。お医者さんは赤ちゃんの成長を調べるためにその数値を調べるかもしれません。

妊娠のかなり初期に、ヒト絨毛性ゴナドトロピンの数値は非常に低いです。しかし数日以内にそれはぐんと高まり、約48時間ごとに2倍になります(ある程度の誤差はあるにしても)。このすばやい上昇は妊娠期間の7~12週間の間にピークを迎え、6ヶ月のはじめ周辺で下がり始めます。この時点で胎盤はエストロゲンとプロゲステロンの生成を引き継ぎます。朝の吐き気と頻繁な小便がヒト絨毛性ゴナドトロピンの数値がもっとも高い最初の3ヶ月にピークを迎えるのはこのためだと考えられているのです。しかしヒト絨毛性ゴナドトロピンは妊娠期間中ずっと存在します。そしてこのホルモンはお母さんの身体が赤ちゃんを拒否する機会を減らすため免疫機構を抑制する働きもするので、風邪とインフルエンザにかかりやすくもなるのです。

関連記事一覧