減量サプリメントはダイエットにどのくらい効果があるのか

その他

減量サプリメントとはどんなもので、どんな効果があるのでしょうか

健康的な食生活パターンに従い、カロリーの摂取を控え、運動すること等のライフスタイルの変化が長期的な減量を達成するために証明された方法です。しかし、ライフスタイルを変えることは難しいため、減量サプリメントを摂ることで減量が促進されないか、と考えたくなるかもしれません。

ここでは、減量サプリメントに一般的に使われている減量の安全性と効果について、わかっていることを説明しています。こうしたサプリメントの販売業者は、自分たちの製品が脂肪や炭水化物の吸収を抑え、食欲を減少させ、代謝を上げることによって減量に役立つことを主張することでしょう。しかし、減量サプリメントが本当に効果があるという化学的な証拠は非常に少ないのです。減量サプリメントの多くは高額で、かつ減量の中には医薬品の効果を阻害したり、相互作用してしまうものや、人体に害があるかもしれないものもあります。

減量サプリメントを使いたい場合は、医師等専門家とその製品が持つ潜在的な利点とリスクについて話し合うべきです。これは特に高血圧、糖尿病、心臓病等、特定の病気がある人の場合には重要です。

減量サプリメントに含まれている減量とはどのようなものでしょうか

減量サプリメントには、ハーブ、繊維、ミネラル等、様々な原料が含まれています。それぞれが違う量で様々な組み合わせで含まれています。カプセル、タブレット、液体、パウダー等の形態で販売され、数十種類の原料が含まれている製品もあります。

こうした原料が本当に原料に役立つかどうかは非常に複雑な話です。多くの製品が1種類以上の原料を含んでおり、原料は混ぜ合わされた時に、別々に作用します。

減量サプリメントが、本当に効果があって、安全性があるかどうかという研究が、人に対して行われたことがほとんどないことに驚くかもしれません。もし、そうした研究があったとしても、ほんの数人が減量サプリメントを数週間、数ヶ月の期間飲むだけです。もし、減量サプリメントが、減量に効果があり、安全性があるかどうか知るためには、大人数のグループを長期間、調査しなければならないはずです。
減量サプリメントの一般的成分

どのように減量サプリメントは規制されているのでしょうか

米国食品医薬品局(FDA)は、減量サプリメントを、処方箋による医薬品や市販薬とは違う規制をしています。他の栄養補助食品と同じように、FDAは市場で販売される前に減量サプリメントを審査したり承認したりしません。サプリメントの製造会社は、その製品が安全で、ラベルの表記が誠実で、語弊がないものであるということを確定するために責任を負っています。

FDAがそのサプリメントが安全でないと判断した場合、市場からその製品を撤去するか、製造会社に自主回収をするように求めます。また、FDAと連邦取引委員会( the Federal Trade Commission 、FTC)は、製造会社に対し、根拠のない減量効果をサプリメントに対して謳わないこと、サプリメントに調合薬を添加しないこと、またどんな病気のための診断、治療、予防効果があるとサプリメントを宣伝してはならないと規制しています。

減量サプリメントは人体に害があるのでしょうか

他の全ての栄養補助食品と同じで、減量サプリメントは人体に有害な副作用を引き起こしたり、処方箋薬や市販薬との相互作用をする可能性があります。ほぼ全ての減量サプリメントには数種類の減量が含まれており、相互の組み合わせについての検証がされていないため、副作用についてはよくわかっていない状況なのです。

減量サプリメントやその他の栄養補助食品を摂ろうと考えた場合は医師に相談してみましょう。これにより、サプリメントと医薬品の相互作用、有害な副作用、その他のリスクを避けるのに役立つはずです。

薬との相互作用

他の栄養補助食品と同様、減量サプリメントは医薬品や別のサプリメントの成分吸収を阻害したり、相互作用をする可能性があります。例えば、カフェインの効果は他の刺激物(例えば苦いオレンジ)と一緒にとるとより強くなります。キトサンは、ワルファリンの抗疑血効果を危険なレベルまで高めます。
栄養補助食品と医薬品を定期的に摂取する場合、かかりつけ医師に相談してみましょう。

虚偽表示製品と粗悪製品

「マジック・ダイエット・ピル」「脂肪を溶かし出します」「ダイエットもエクササイズも不要の減量法」等、魅力的な文言がついた減量サプリメントには気をつけましょう。信じられないような謳い文句がついたものは、減量効果がなく、健康被害さえあるものかもしれません。

栄養補助食品として販売されている、減量製品は、処方箋薬の原料や規制物質を含んでいることがあります。しかし、米国の法では、こうした原料を栄養補助食品に添加することは許されておらず、その原料は製品ラベルに表示されておらず、人体に悪影響があるかもしれないのです。

原料サプリメントはFDAの審査・承認を受けずに販売されています。市場に流通しているサプリメントが深刻な健康被害を起こしている疑いがある場合は、FDAは製品のリコールをすることができます。

減量したいのならば分別のあるアプローチを選択しましょう

減量サプリメントは高価な上に、効果がない可能性があります。減量に最適で、減量した体型を維持できる最良の方法は、健康的な食生活にし、カロリー摂取を減らし、定期的に運動をすることです。これには医師等の専門家の指導を受けるとよいでしょう。

加えて、ライフスタイルの変化は、気分やエネルギーレベルを改善し、心臓病、糖尿病、数種類のがんのリスクを下げます。

関連記事一覧