疲労を自力で回復するための方法とは

その他

疲労の原因

説明のできない疲労の多くの場合の原因はストレス、睡眠不足、栄養の偏りや他の生活習慣によるものです。以下の自力で体力を回復するコツを参考にしてみてください。

多くの回数食べる

エネルギーを日中に保つ良い方法は、大量の食事を少ない回数食べるのではなく、普段の食事と軽いスナックを毎3、4時間ごとに食べることです。

目覚めと共に運動する

もしかしたら、疲れすぎて運動する気が起きないかもしれません、しかし定期的な運動で長期的には疲労感を少なくし、エネルギーをよりつけることになるのです。15分歩くだけでもエネルギーを増加することができ、頻繁な身体的活動によって利益も増加するのです。
少量の運動から始めましょう。推奨されている2時間半の中強度の有酸素運動ができるまで、毎週のサイクリングや早歩きなどで何週、何ヶ月かかけて徐々に身体的活動を積み立てていきましょう。

体重を減らす

もし体重が過重である場合、疲労の原因になります。また心臓にも余計な負担をかけ、疲労を感じてしまいます。体重を減らすと、もっと精力的になるでしょう。健康的な食生活の他で体重を減らす良い方法は、活動的になって沢山運動をすることです。

よく眠る

当たり前のことかもしれませんが、わたしたちの3分の2が睡眠に関する問題に悩んでおり、多くの人が日中ちゃんと起きているために必要な量の睡眠をとれていないのです。 The Royal College of Psychiatrists は毎日同じ時間に着床、起床するよう勧めています。日中の昼寝は避け、寝る前にあたたかい(火傷しない程度に熱い)お風呂に最低20分入ることも大事です。

エネルギーを増やすためにストレスを減らす

ストレスは多くのエネルギーを必要とします。リラックスできる活動を日中するようにしてください。ジムで運動する、または音楽を聴く、読書、友人と過ごすなどもいいかもしれません。リラックスできるものは何でもエネルギーを増やすのに役立ちます。

会話療法

カウンセリングや認知行動療法(要解説)などの会話療法が疲労改善に役立つという証拠があります。医師に治療について紹介してもらったりしましょう。

カフェインを摂らない

The Royal College of Psychiatristsは疲労感を感じる場合はカフェインを摂らないことを勧めています。良い方法は、徐々にカフェインを含む飲料(コーヒーや紅茶、コーラなど)の摂取量を三週間にわたり減らしていくことです。一ヶ月間カフェインを断ち、疲労感が減ったかみてみましょう。
もしかしたらカフェインをとらないことで頭痛がするかもしれません。その場合は、カフェインの摂取をより緩やかに減らしていきましょう。

アルコールは控える

夕方に飲む何杯かのワインは眠気を誘うには良いかもしれませんが、アルコールを摂取した後は睡眠が浅くなってしまいます。もし8時間寝たとしても、次の日に疲労を感じてしまうでしょう。
睡眠前のアルコールは控えましょう。そうすることでより良い睡眠をとり、もっとエネルギーをつけることができるでしょう。NHSは男女ともに定期的に週14回以上アルコールは飲まないように勧めており、これは約3リットルのビール、小さいグラス10杯分のアルコールが弱いワインに相当します。

水を沢山飲む

ときどき、ただ単に少し脱水しているために疲労を感じている場合があります。特に運動のあとの水分補給で改善するでしょう。

関連記事一覧