妊娠第38週のお母さんと赤ちゃんの変化

その他

妊娠第38週目の赤ちゃん

赤ちゃんはすでに小さくはありません。体重は約3200グラム、身長は約51センチになっており、3-5センチぐらい個人差があります。赤ちゃんの誕生まであと2週間(最大で4週間)です。

赤ちゃんは誕生のための準備をしています

妊娠第38週になると、全ての体の器官がほぼ揃います。お母さんが赤ちゃんの誕生の準備するのと同様に、赤ちゃんも誕生の準備をしており、胎脂と産毛が減り続けます。赤ちゃんは羊水を飲み込んでおり、これは赤ちゃんの腸に行き着き、他の細胞脱落、胆液、老廃物と共に赤ちゃんの初めての排便となるもので、おそらく最初に赤ちゃんのおむつを変えるときに出てきます。赤ちゃんの肺はまだ完成の途中段階にあるため、次々と界面活性剤を作り出しているところです。界面活性剤は赤ちゃんが息をし始めたときに、肺の中の肺胞がお互いにくっ付きあうのを防ぐ役割をする物質です。この週に赤ちゃんに起こる変化は小さなものが多いですが、重要な変化です。それは、脂肪の増加と脳と神経システムの微調整が続いていることです。(このため、誕生した後に赤ちゃんを待っている全ての刺激に対応することができるようになります。)

妊娠第38週目のお母さんの体

あと、2週間と数日で赤ちゃんの誕生です。もちろん、赤ちゃんの中には10ヶ月目までお腹にいようとするものもいますので、その場合は2週間以上となってしまいますが。妊娠第38週目となると、子宮の外の生活への準備をするため、お母さんの体は出産前の最後の仕上げをします。骨盤への圧力が高まり、呼吸は楽になってきたため、気が付いている人もいるかもしれませんが、赤ちゃんが骨盤の中に下りてきています。また、気が付いてはいない変化だとは思いますが、子宮頚管の開大度と展退度もあります。

初乳

出産日を待っている間、赤ちゃんとの生活とのリハーサルのようにこの数週間を考えていると思います。眠れない夜を過ごし、不安を感じ、そして初乳が胸から漏れていたかもしれません。妊娠後期のどこかで、多くの妊婦が、母乳に先立ってでる薄く、黄色身がかった液体の初乳が漏れ始めていることに気が付いています。初乳は、後にでる母乳よりも、新生児を守るための抗体が多く含まれ、たんぱく質が多く含まれ、消化がしやすいよう脂質と糖質が低いものです。初乳が漏れている場合、服が汚れないように母乳パッドをブラジャーに挟むことを検討してみましょう。また、赤ちゃんの誕生後にも起きることなので、これに慣れておきましょう。全ての妊婦にこれが起きるわけではありません。もし初乳があふれていなくても心配は不要で、赤ちゃんが必要とする時のために初乳を産生している途中だからです。

産後の数週間のご馳走の準備をした上で、家の中に生まれたばかりの天使がきた時のビジョンが頭の中にありますか?料理をすることは一番最後に頭に浮かぶことかもしれませんし、やるべきことリストでも産後1ヶ月の食事の準備については頭に浮かんでいないかもしれません。シリアルを夜ご飯で出すのを避けるためには、先に計画を立てておきましょう。調理をしておき、温めればすぐに食事が用意できるように、1人分づつ、冷凍庫に保存しておきましょう。きちんとラベルを貼れば、後でわけのわからない残り物が冷凍庫に残りません。ミートローフ、スープ、シチュー等も冷凍庫に用意すると良いでしょう。

その他アドバイス

病院に持っていくバッグに入っているアイテムは必要なものでしょうか?妊娠30週目に買ったパジャマはすでにきついかもしれません。バッグにいれたお菓子は必要だと思いますか?
赤ちゃんの誕生を知らせたい人の電話番号やメールアドレスのリストをつくりましょう。
陣痛かどうかがわかりませんか?子宮の収縮が不規則で、歩き回ったり体位を変えた時に収縮がなくなる場合は、おそらくそれは陣痛ではありません。

一般的症状

さらに頻尿になる

この頃、何度もトイレに行くのであれば、骨盤に赤ちゃんの頭が下りてきたのが原因で、膀胱の空間が狭くなったからです。今はカフェインや利尿作用のあるすべての飲み物を摂らないほうがよいです。しかし、水分を減らすことはやめましょう。出産が近くなり、体に十分な水分がないといけないので、水分を多く必要としています。
粘液栓

膣分泌物が増えてきており、開口するにつれ、妊娠期間中に子宮頸部に栓をする役割をしていた、透明な粘液の塊である粘液栓も出てきているかもしれません。これは出産が差し迫っているからでしょうか?おそらくそうでしょう。しかし、これは出産まで数日のこともあれば、数週後ということもあります。

血の混じった膣分泌物(おしるし)

子宮頚管の開大度と展退度が進むにつれ、子宮頚管内の血管が裂けるため、ピンク色もしくは茶色の粘液分泌物がでています。下着やトイレットペーパーにそのような色がついたら、もうすぐ赤ちゃんが生まれるということを意味します。

下痢

下痢になることは赤ちゃんが誕生するために十分な空間をつくるための自然の方法なので、この週に下痢になると、お産が近いことを意味するのかもしれません。水分を多く摂り、食事は軽めにしましょう。スープ、トースト、冷凍フルーツキャンデーのようなものがよいかもしれません。脂質の多いものや食物繊維が多いものは摂らないようにしましょう。

お腹のかゆみ

お腹のかゆみを和らげる方法の一つは何でしょうか?ビタミンEオイルを塗ってみましょう。ビタミンEオイルのボトルをもう1本予備に買っておきたいと思うかもしれません。これは母乳保育を考えている場合には、乳首の痛みを和らげるのにもとても役立ちます。

浮腫(脚と足首のむくみ)

脚と足首のむくみが体に重みを加えているかもしれませんが、着圧ストッキングやソックスが役立ちます。上部がきつすぎないもので、ひざやももの圧力が高いものにしましょう。脚がむくむ前である朝に履き始めましょう。

不眠症

頭の中で色々なことが巡っていると眠れなくなると思います。陣痛や出産に関する情報を探すためにコンピューターで探すのはやめましょう。そんなことをすると、ベッドに向かう時間が遅くなるだけです。そうではなく、ローテクのものを使いましょう。本や雑誌を少し読んでみるようにしましょう。そうすれば気分を和らげ、もっと早く眠れるようになります。

営巣本能

この週にエネルギーレベルの変化があることは一般的なことです。疲労感が強くなったり、またはエネルギーがみなぎる場合もあます。これは営巣本能と呼ばれており、赤ちゃんがやってくる前に家を掃除したり、生理整頓したりしようとします。もしやりたければ片付けしてもよいでしょう。しかし、疲れきってしまってはいけません。清潔なクローゼットにするために無駄使いするエネルギーを出産のためにとっておきましょう。

胸から初乳が漏れる

これまでになく胸が大きくなっていると思いますが、初乳が漏れているかもしれません。もしそうでなくても、心配しないでください。初乳が今でていなくても、母乳保育が難しいというわけではありません。

前駆陣痛(ブルクストン・ヒックス収縮)

この出産に向けた練習である収縮は、今さらに強くなっているかもしれません。呼吸法とビジュアライゼーション法を繰り返してみてください。パートナーがそばにいる場合は、一緒にやってもらいましょう。

関連記事一覧