妊娠中の粘液栓の排出とおしるしについて

その他

出産前の兆候

粘液栓の排出はすべての女性に同じように起こるわけではありません。また、おしるしとは別です。出産前に見られる一般的な兆候について知っておくべきことがあります。

粘液栓とは?

粘液栓は、妊娠中に子宮頸部を覆う「栓」です。粘液栓は出産の準備が整うまで、羊水嚢と一緒に、赤ちゃんを外界から守るのに役立ちます。

粘液栓の排出は何を意味するのでしょうか?

粘液栓がなくなることは、子宮頸部が緩み、出産の準備が整ったという兆候の1つです。

粘液栓は何色ですか?

粘液栓は、透明で、ゼリー状の小さなかたまりです。

粘液栓は無理やり出さなければなりませんか?

いいえ。感染症のリスクを上げたくないので、無理やり出さないようにしてください。自然の成り行きに任せてください。

粘液栓が出てきてからどのくらいで陣痛がきますか?

人によって異なります。出産の数週間前に粘液栓が出てくる人もいますが、粘液栓が出てきてすぐに陣痛がくる人もいます。

粘液栓が早期に排出されても問題ありませんか?

予定日の数週間前に排出されても心配する必要はありません。粘液栓がなくなっても、赤ちゃんは安全です。実際、子宮頸部は、子宮口を保護し感染を予防するために粘液を作り続けるため、赤ちゃんは依然として密封され、守られています。だから、セックスや入浴もできますし、自分のすべきことをしてください。

粘液栓は必ず排出されますか?

はい。粘液栓は出産前に必ず出てきます。しかし、粘液栓が出てきたことにまったく気づかない人もいます。どうであれ、最終的にどのように出産することになるかは予測できません。

粘液栓の排出は、破水の前と後ではどちらに起こりますか?

通常、前です。破れ目から羊水が漏出する可能性がありますが、それは必ずしも粘液栓がなくなったということを意味しているのではありません。粘液栓は、バクテリアが赤ちゃんのところまでくるのを防いでいるのであり、羊水の漏出を防いでいるのではありません。粘液栓は時間の経過と共に少しずつ出てくることもあるので、排出されたことに気付かない女性も多くいます。破水したら、できるだけ早く医者に行くことが重要です。

おしるしとは?

おしるしは、ピンクまたは茶色で血が混じった粘り気のあるおりものです。それは、子宮頸管の血管が破れることを意味します。予定日が近づいたときに見られる、出産前の通常の兆候です。

しかし、妊娠37週目以前に、膣分泌物に重大な変化が見られた場合、またははっきりとした赤色になった場合(血液が混じっているのではなく)、すぐに医者に連絡して、直ちに医学的処置を必要とする症状ではないことを確認してください。

おしるしから出産までの期間はどれくらいですか?

おしるしから陣痛まで数時間という人もいますが、通常は、おしるしがきてから1日か2日以内に陣痛がくると言われています。だから落ち着いて準備してください。

おしるしと粘液栓の排出は同じものですか?

いいえ。おしるしは粘液栓の排出とは異なります。どちらも粘液であるという共通点はありますが、おしるしは血が混じった分泌物で、粘液栓は数回にわたって排出されるゼリー状の塊です。おしるしはお産が近いことを意味し、粘液栓はお産が近づいてきていることを意味します。

できること

おしるしがきたり、分娩陣痛がきたら、荷物を準備して病院に行ってください。お産はおそらく2、3日後です。そうでなければ、粘液栓が出てきただけなので、じっとしていてください。まもなく赤ちゃんに会えます。

関連記事一覧