チック障害およびトゥレット症候群

症状

トゥレット症候群とは?

トゥレット症候群は、チック障害の一種です。 トゥレット症候群の子どもは、運動と音声の両方を繰り返します(チックと呼ばれます)。 いくつかの異なるチックが同時に発生する可能性もありますし、必ずしも一緒に発生しない場合もあります。
トゥレット症候群は、通常3歳から10歳の時に始まります。 動きや発声が何度もありますが、通常は重大な問題ではありません。 お子さんにチックがみられても、トゥレット症候群ではないことがあります。 お子さんがチック障害またはトゥレット症候群を患っていると思われる場合は、主治医に相談してください。
テレビ、映画、ニュースでは、トゥレット症候群は、しばしば、人を罵ったり、攻撃的な性的、人種差別的発言をする人であると強調します。 しかし、このような症状があるのはトゥレット症候群患者のほんの一部です。

何を知るべきですか?

トゥレット症候群にかかっている子どもの多くには注意欠陥多動性障害(ADHDとも呼ばれる)もあります。 トゥレット症候群の子どもには、学習障害または強迫神経症(思考や行動が何度も繰り返される)があるかもしれません。 医師は、あなたの子どもがこれらの他の症状を抱えているかどうかを見極めます。

チック障害とは?

チック障害は、何の理由もなく急な動きや発声を何度も何度も繰り返す障害です。チック障害を持つ人は、動きや発声を制御することができません。 咳払いとまばたきが一般的です。 チック障害は、しばしば、ストレス、疲れまたは不安を感じるときに悪化します。 また、チック障害を悪化させてしまう薬もあります。
トゥレット症候群は、通常3歳から10歳の時に始まります。 動きや発声が何度もありますが、通常は重大な問題ではありません。 お子さんにチック障害があってもトゥレット症候群はないこともあります。 お子さんがチック障害またはトゥレット症候群を患っていると思われる場合は、主治医に相談してください。

子どもはこれを克服できるでしょうか?

ほとんどのチック障害は数ヶ月後に消えます。 しかし、時には1〜2のチックを長年にわたって持つことがあります。 トゥレット症候群の子どもは、通常9歳から13歳の間に最も症状が悪くなります。 これらの子どもの半数以上は、10代後半から20代前半にかけてにはるかに症状が改善します。 トゥレット症候群を患っている人で、成人してから中等度から重度のチック症を患う人は半分もいません。

チック障害やトゥレット症候群の原因は何ですか?

チック障害やトゥレット症候群の原因は正確には分かっていません。 分かっていることとしては、トゥレット症候群は家族内で広まり、女の子よりも男の子の方に影響を与えるということです。

治療方法はありますか?

多くの場合、治療は必要ありませんが、チック障害が日々の生活の中でわずらわしくなることがあります。 
トゥレット症候群の症状を完全に抑えることはできませんが、特定の症状を和らげる薬はあります。 ほとんどの医薬品と同様に、トゥレット症候群の治療薬は副作用を引き起こす可能性があります。

医師に質問すべき事項

子どもが学校や周囲の子どもと溶け込めるように私にできることはありますか?
症状を改善する薬はありますか?
注意欠陥多動性障害(ADHD)を持っている可能性もありますか?
他にも治療法はありますか?
学校に通うようになってから問題を抱えることはありますか?
学校の先生や託児所の方に説明するための資料はありますか?

関連記事一覧