オメガ3脂肪酸の高い食べ物と最高の食べ方

その他

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸はすべての人の食生活に含まれるべきものです。炎症を治し、血液中の脂肪(トリグリセリド)を減らし、血圧を下げ、HDLコレステロール(善玉)を上げ、LDLコレステロール(悪玉)と血圧を下げるかもしれないのです。しかし何といっても妊婦と赤ちゃんは重要です。研究によれば、オメガ3脂肪酸は出生前の障害と闘うのを助け、おかあさんの早産を防止し、赤ちゃんの脳と目の発達を助けるのです。

オメガ3脂肪酸と食生活に関するよいニュースの1つはもう食べてしまったであろうごはんの中に3種類の健康的な脂肪酸が含まれているということです。野菜油や胡桃はアルファリノレン酸を、一方魚、魚油、その他の海産物はアイコサペンタエン酸、ドコサヘキサエン酸を豊富に含んでいるのです。

EPAとDHA(魚が原料のオメガ3脂肪酸の一種)がもっとも利潤を生みますが、人間の体は植物由来のALAをEPAやDHAに変換することができるのです。妊娠する前、妊娠期間、その後の日々の生活でさまざまなオメガ3脂肪酸を摂ることで、妊娠しているときと授乳しているとき、ご自分と赤ちゃんに十分な量を取れるのです。毎週EPAとDHAをもたらす水銀が少ないオメガ3脂肪酸を多く含む魚に加え、ALAをくれる1品か2品の毎日の食事をすると効果がでます。

関連記事一覧