なぜ、1日に5種類の果物と野菜を食べるのか

その他

果物と野菜を食べる

果物や野菜は健康でバランスの取れた食事に大事であり、健康を保つのに役立ちます。果物や野菜は十分に食べることが重要です。
研究によれば、毎日様々な果物や野菜を少なくとも5種類、80gずつ摂取すると健康に非常に良いことが示されています。果物と野菜をあわせて5種類食べればよく、それぞれを5種類ずつ食べる必要はありません。
世界保健機関(WHO)は、心臓病、脳卒中、癌などの深刻な病気の危険性を軽減するため、毎日少なくとも400gの果物と野菜を食べることを推奨しています。

果物と野菜を5種類食べる5つの理由

・果物や野菜は、葉酸、ビタミンC、カリウムなどのビタミンやミネラルが豊富です。
・腸を健康に保ち、便秘や消化関係の病気を防ぐ食物繊維が豊富です。食物繊維が豊富な食事は腸がんの危険性も低下させます。
・心臓病、脳卒中、いくつかの癌の危険性を軽減します。
・果物と野菜は健康でバランスの取れた食事を形作ります。
・果物や野菜はおいしくて味があり、選択肢は非常に多様です。
果物や野菜は通常、脂肪やカロリーが低いです(たくさん油を使って揚げたり炒めたりしない限り)。だから、果物や野菜は健康的な体重を維持し、心の健康を保つのに役立ちます。
5種類の野菜の効果を最大限に発揮させるには、さまざまな果物や野菜を食べる必要があります。これは、果物や野菜それぞれには、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどの栄養素がさまざまな割合で含まれているためです。
ほとんどすべての果物と野菜は5種類の野菜にカウントされます。生でも、冷凍でも、缶詰でも、乾燥させたものでも、ジュースでもカウントできます。ただし、ジャガイモ、ヤム、キャッサバには主にデンプンが含まれているので、カウントされません。

5種類の果物や野菜を食べる方法

・どんな果物や野菜が5種類のうちのカウントできるかについては、5種類の果物と野菜には何が含まれる?と5種類の果物と野菜の食べるべき量をご覧ください。
・朝食、昼食、夕食で5種類の果物と野菜を食べる方法を探すには、5種類の果物と野菜を食べるにはをご覧ください。
・より安い果物と野菜を手に入れる方法については、5種類のの果物と野菜の予算を参照してください。
・好き嫌いが多い人は、5種類の果物と野菜と家族をご覧ください。
・自分で栽培もして料理もする方は、果物や野菜を栽培するヒントをご覧ください。

関連記事一覧