(文字数が少ないので)子供の運動スキルを養う

その他

どうすれば子どもの運動神経を育てられるか?この記事で紹介します。

赤ちゃんが育つにつれて、必要な分の筋肉を築く必要があります。ちょっとしたおもちゃや器具を使って、赤ちゃんの運動神経を養うことができます。

大きな運動スキル

座ってから、ハイハイする、歩く、走る、運動からスポーツするにいたるまで、必要とする運動神経です。

必要とされる上腕二頭筋、三頭筋などを構築するには、赤ちゃんををベッドから床に、またはおなかから背中に、またはその逆に動かせましょう。

ポジションがかわると、異なる筋肉を刺激し、さまざまな動きを促します。腕と脚を動かしてあげることによって何をすべきかを示すことができます。例えば、座ったままの姿勢にしたり、腹を這う姿勢に持ち上げたりすることができます。引き継ぎ、自分自身でその動作を始めることもあるでしょう。

細かい運動スキル

こちらも非常に重要な機能を果たしています。自分でご飯を食べる、服を着替える、ものを書いたり、おもちゃを片付ける、などに役立ちます。

色んな形や肌触りのものを触れると、手と指が強化され、より繊細で機敏になります。ブロック、ボール、ぬいぐるみの動物や人形、アクティビティボード、家庭用品(リモコン、カギなど)が色々与えてみましょう。

関連記事一覧