妊娠中のインフルエンザ予防接種が、あなたとあなたの赤ちゃんを守る

その他

妊娠中にインフルエンザ予防接種を受けることで、単に安全性が高まるだけでなく、様々なメリットが期待できます。この記事では、予防ワクチンが如何にしてあなたとあなたのお腹の赤ちゃんを守ってくれるのかをお話しします。

さあ、服の袖を捲って、インフルエンザの予防接種を受けましょう!様々な医療機関で、全ての妊婦を対象として予防接種が奨励されています。この理由として、万が一インフルエンザに感染し、それが妊娠中であった場合、深刻な合併症(肺炎や、それ以上の重症も)を引き起こし、入院生活を余儀なくさせられるリスクが高くなってしまうことが挙げられます。また、予防接種で守ることが出来るのはあなた自身だけではありません。妊娠後期に予防用のワクチンを受けることで、お腹の赤ちゃんが生まれた後、自分の体でワクチンを受けられるだけの年齢になるまでの間、赤ちゃんをインフルエンザから守ることができるのです。以下、妊娠中のインフルエンザ予防接種に関してのFAQ及びその回答を示しますので、参考にしてください。

そもそも、妊娠中の予防接種は安全なのですか?

―はい、安全です。妊娠中(及び授乳期間中)のインフルエンザ予防接種は、単に安全と言えるだけのものではなく、もはや《必須》と言っても過言ではありません。これまで数多くの妊娠中の女性がインフルエンザ用の定期予防接種を受けてきましたが、皆安全に接種を済ませており、受診者自身やその赤ちゃんに悪影響が及んだ例は過去にありません。

なぜ予防接種を受けたほうが良いのですか?

―妊娠中のインフルエンザ感染は、肺炎をはじめとする深刻なインフルエンザ合併症を引き起こすリスクが高く(従って入院リスクも高い)、妊娠していない時の感染よりも特に危険性が高いとされています。予防接種はインフルエンザ予防を必ずしも100%保証するものではありませんが(あくまで【インフルエンザ】ウィルスにのみ効果を発揮する)、予防接種を受けることで季節性インフルエンザ(及びH1N1インフルエンザウィルス)への感染確率を格段に下げることが出来ます。加えて、予防接種を受けておくことで、(極めて確率は低いが)万が一にもインフルエンザウィルスによる症状が現れた場合に、その症状の程度を劇的に低減させることも可能なのです。

また先述の通り、予防接種はあなた自身だけでなく、これから産まれてくるあなたの赤ちゃんのためにもなり、その恩恵は生後も長く続くものです。様々な研究により、妊娠中に対インフルエンザワクチンを投与された女性の赤ちゃんの方が、そうでない女性の赤ちゃんよりも生後にウィルス感染する確率が低く、その効果は赤ちゃんの体に直接予防接種を行うことができるようになる時期、生後6ヵ月程まで続くということが分かっています。さらに、妊娠中に予防接種を受けた女性の赤ちゃんは、そうでない女性の赤ちゃんに比べ、早産となる確率も低く、赤ちゃん自身の体も大きく健康的であり、加えて生後1年間のうちに万が一インフルエンザに感染した場合でも、症状や合併症が入院を要するほどの重症となってしまう可能性も低いともされています。また中には妊娠中にインフルエンザの予防接種を受けることで、死産のリスクを半減させることができるとしている研究もあります。

予防接種はどこで受けられるのですか?

―産婦人科の多くは、妊娠中の患者を対象としたインフルエンザ予防接種サービスを提供しています。あるいは地域の薬局やクリニックなどの予防接種サービスを利用することも可能でしょう。また日本では妊娠中の女性は優先接種対象に該当するため、ワクチン数が不足している場合でも真っ先に予防接種を受けることが可能です。

留意点として、妊娠中の女性の場合、鼻スプレー型ワクチン(FluMist、生きたインフルエンザウィルスから成る生ワクチン)の使用が推奨又は許可されないため、原則注射器を用いたインフルエンザ用の定期予防接種を受けることになる、ということを覚えておきましょう。

予防接種はいつ受けるべきなのですか?

―一般に、毎回インフルエンザの流行期が訪れる段階で、出来る限り早くの接種が推奨されます。早期に予防接種を受けることで、適切な時期に効果を得ることができるからです。それでも、こと免疫をつくることに関して言えば、「時すでに遅し」という言葉はありません。まだ予防接種を受けていないのであれば、今、行きましょう!一方で、注意点もあります。ワクチンは毎年最新のものに更新され、またワクチンで一度ついた免疫力も時間と共に弱まっていきます。従って、昨年インフルエンザの予防接種を受けておらず、それで何の問題が無かったとしても、必ず今、受けに行ってください。但し日本の場合、妊娠初期の予防接種に関して、基本的には無害とされているものの、同時期の免疫力の低さから何らかの影響を被る可能性があるとしている機関も一定数存在するため、予防接種の前に必ず医者と相談を行うようにしてください。

予防接種が自閉症を引き起こす原因になることがあるのですか?

―インフルエンザ予防接種(と、その他のワクチン全般)に関して、このような不安を抱えている方々へ、良いニュースがあります―これらのワクチンが自閉症やその他の発達障害の引き金となる可能性は、【ゼロ】です。念のためもう一度言います。可能性は、【ゼロ】です。実際に、インフルエンザ予防接種をはじめとする全てのワクチンは「安全」で「無害」であり、自閉症発症のリスクが上がることと「全く関係がない」ことは、数多くの研究によって次々に、何度もくり返し証明されてきました。従って、心配する必要などこれっぽっちもない案件であると断言できます(そして、その後に考え直す価値も無いものです)。

もしインフルエンザの予防接種に含まれるほんの少量のチメロサール(マルチドーズ型バイアル中の、エチル水銀を基とする防腐剤)すらもどうしても心配してしまう方がいらっしゃるようであれば、私からは「心配する必要は【ない】」、と言っておきましょう。インフルエンザ予防接種やその他のワクチンに含まれるチメロサールによって(注射箇所がやや赤くなったり若干腫れるようなことはあっても)身体に害が及ぶという証拠は、未だ存在しません。医療機関の間では、チメロサールは妊娠中の女性にとって【無害】であるというのが通説です。それでもなお不安だというのであれば、チメロサールフリーの予防接種を受けることも可能です。

関連記事一覧