膝蓋大腿疼痛症候群についての基礎知識〜原因、治療〜

症状

膝蓋大腿疼痛症候群とは何ですか?

膝蓋大腿疼痛症候群は、膝の疾患としては一般的で、膝蓋骨の下や周りに痛みを感じます。 動いているときや、長時間座っているときに痛みが悪化し、痛みは、片方または両方の膝に出ます。

膝蓋大腿疼痛症候群の原因は何ですか?

正確な原因は不明ですが、膝甲骨(膝蓋骨)が大腿骨の溝の上を動くようにしなければなりません。

どのように治療されますか?

膝の上に氷を置き、運動スタイルを変え、理学療法プログラムに従うのが一番効果的です。 プログラムには、筋肉をより強く、より柔軟にするためのエクササイズが含まれます。 痛みがなくなるまでは、数週間から数ヶ月の治療が必要になり、膝のテーピングや、インソールを入れた靴が効果を上げることもあります。

膝の痛みを和らげるための運動

以下で紹介するエクササイズは、筋肉を強化し、痛みを和らげるのに役立ちます。 それぞれ数分程度かかります。 膝のために、一日に二回やってみてください。片方の脚が終わったら、ポジションを逆にして、もう一方の脚でエクササイズしてください。両膝に恩恵があります。医師に、どの練習がいいか聞いてみるのもいいでしょう。
膝蓋大腿疼痛は治療するのが難しく、一朝一夕には良くなりません。 すぐに良くなる一部の幸運な人もいますが、良くなるのに6週間以上かかっても全くおかしくありません。 良い状態を保つことができれば、膝蓋大腿痛が再発することはほとんどありません。膝をより良くするためのエクササイズを続けてください。
【四頭筋強化:アイソメリズム】
床などしっかりした所で仰向けになります。 左足を90度の角度に曲げ、足は床と平行にします。 右足はまっすぐに伸ばし、10秒~20秒間経ったらリラックスしてください。 運動を5〜10回行います。
【四頭筋強化:ストレートレッグリフト】
床などしっかりした所で仰向けになります。 左足を90度の角度に曲げ、足を床と平らにします。 右足を数センチ浮かし、5〜10秒間保ちます。 その後、数秒かけてゆっくりと床に右足を降ろします。 エクササイズを5〜10回行った後、脚を切り替えて続けます。
【腸脛靱帯と臀部ストレッチ】
足をまっすぐにして床に座り、右足を左膝にクロスさせ、 胴体を右にひねり、左腕で右足を押します。 右の臀部と右の太ももの外側の部分に緊張を感じるストレッチ状態を10〜20秒間保持します。5〜10回行ってから、脚を切り替えます。
【腸脛靱帯のストレッチ】
右足を左足の前で交差させてまっすぐ立ち、両手を上げてから、床につけるように降ろします。 10〜20秒間姿勢を保ち、左の太ももの外側の部分にストレッチを感じます。 5〜10回行い、脚を切り替えます。
【ハムストリングのストレッチ】
足をまっすぐにして床に仰向けになり、左膝を胸のほうに曲げます。太ももをつかんでから、 ストレッチを感じるまで5〜10秒間左足をまっすぐに伸ばします。5〜10回行い、脚を切り替えます。
【股関節の強化】
座った状態で、膝の間にゴムボールを入れて、5〜10秒間押しつぶした状態にします。 運動は5〜10回行います。 (ボールがない場合は、拳を入れて押しつぶしてください。)
【ヒップアブダクター強化】
バランスのために壁または丈夫な椅子を使用してください。膝を少し曲げて左足で立ち、壁や椅子を左手でつかみます。 ゆっくりと右足を約30度持ち上げ、数秒間保持してから、ゆっくりと足を下ろして両足をまっすぐにする運動を10回行います。 骨盤を傾けたり、膝を内向きにしないでください。 脚を切り替えて行います。
【カーフストレッチ】
壁に面したスタンド。 あなたのふくらはぎの筋肉が伸びるまで、両手を壁に置き、右足を戻します。 あなたの膝はあなたのつま先の上に並んでいます。 脚の伸びを感じるために、右かかとを地面につけてください。 10〜20秒間ホールドします。 エクササイズを6〜10回行い、脚を切り替えます。

医師に相談するための質問

膝の痛みの原因は何ですか?
最良の治療法は何ですか?
痛みを抑えるために膝を強くする必要はありますか?
症状が緩和されるまでにどれくらいの期間が必要ですか?
症状が回復する可能性はありますか?
運動は大丈夫ですか? どのような運動をすればいいですか?

痛みを和らげるためのヒント

ランニング、バレーボール、バスケットボールなど、足に激しい打撲を引き起こす活動はやめてみます。 運動したい場合は、水泳や膝に影響の少ないものにしてください。スポーツクラブには、膝に負荷をかけないマシンがあります。 膝が良くなれば、以前のスポーツに戻ることができますが、ゆっくり慎重に運動し、それから少しずつ時間を増やしていきます。
靴についても医師に相談してください。適切な歩行姿勢やランニングシューズは、膝の痛みを和らげます。 靴底にソールを入れるのも役立ちます。 ソールは、カスタムメイドの靴やサポート器具より安価です。
運動後、10〜20分間氷で膝を冷やすことで、痛みを和らげ、治癒を早めることができます。 アイスパックが便利です。イブプロフェンなどの薬は、痛みを和らげるのに役立ちますが、薬に関しては、服用前に医師に相談してください。

関連記事一覧