持病がある場合に学校でどう過ごすか

その他

健康問題のサポート

子どもが喘息や糖尿病などの長期的な健康問題を抱えている場合は、学校にいる間、健康状態をどのように管理するかについて学校と相談してください。
医療ニーズのある子供も、他の子どもと同じ学校に入学する権利を持っています。
学校は、健康上のニーズを持つすべての子どもたちが学校で適切にサポートを受け、学校遠足や保健体育を含む授業を完全に受けられるようにすることが法律上義務付けられています。
学校、地方自治体、保健専門家、その他の支援サービスは、病状のある子どもたちが十分な教育を受けられるように協力体制し合うよう勧告を受けています。

児童に一般的な長期的健康問題

学校が管理できる共通の長期的な健康問題には、糖尿病、喘息、てんかんおよびアレルギーが含まれます。
子どもが長期的な健康問題を持っている場合、学校は適切に支援する準備を整えていなければなりません。
学校は、職員が必要な安全対策がとれるよう、個別のヘルスケアプランを作成することになります。これは子どもを守り、他の人が危険にさらされないように役立つものとなります。親として、あなたとあなたの子供は、個別のヘルスケアプランにできるだけ深く関わり、貢献するべきです。

子どもの健康状態について学校に話すには

子どもが最近長期的な健康問題があると診断された場合、または長期的な健康問題がある子どもに入学が近づいてきた場合は、子どもの学校に連絡して対応方法について話し合ってください。
学校に提供する必要がある情報については、子どものかかりつけ医や病院の専門家に相談してください。また、学校に薬を保管したり、薬を投与するのを手助けするなど、学校が取らなければならない対応についてアドバイスを与えることもできます。学校に提供する情報には、以下が含まれていなければなりません。
・子どもに必要な医薬品の詳細と必要な時間
・薬の副作用
・緊急事態とはどんな状態になった時か
・緊急事態がおきた時にすべきこと、してはならないこと
・食事のニーズ、子どもが身体的に活発になる前にとらなければならない方法など、特別の処置
・子どもが治療のために定期的に学校を休む必要があるかどうか

かかりつけ医またはコンサルタントと話し合って、子どもの健康状態が学校通学日にどのように管理されるべきかを話し合ってください。例えば、日中の服用ではなく、通学前や放課後に服用することができる薬を処方することが可能かもしれません。学校の関与を最小限に抑えながら、子どもの健康状態が効果的に管理できるならば、管理が楽になることでしょう。

学校から期待されること

学校は、長期的な健康問題を抱えた子どもをどのようにサポートするかについて定められたメディカルコンディション方針を持っているべきです。この方針は通常学校のウェブサイトに掲載されます。そうでない場合は、学校に一部もらってください。
この方針は次の事項を含んでいます。
・日中、どのように薬を学校で管理し、投与するのか。薬を投与する職員は、十分に訓練を受けている必要がある。
・校外授業中に薬をどのように管理し、投与するか
・緊急時の場合、学校がコンタクトを誰にとればよいのか
・食事など、学校がスペシャルニーズにどう対応するか
・体育活動や学校遠足などに参加するときに、学校は子供をどのようにサポートするか
・日中、子供の健康状態をどのように管理するかについて、親の同意を得られるようにすべきであること

関連記事一覧