どこで性の健康に関するアドバイスを受けることができますか?

その他

性感染症(STI)に感染したのでしょうか?

無防備なセックス(コンドームを使わない)があった場合は、STIに感染した可能性があります。
次の場合に検査を受けましょう。
症状が出ていませんが、STIにかかっているのではないかと心配である
異常な分泌物があるなどの症状
何かが通常と違うと感じている
現在セックスをしている人は、STIにかかっているかどうか確認できるまで、セックスは控えるか、コンドームを使用してください。パートナーも検査を受けるべきです。
あなたが16歳未満であっても、かかりつけ医または専門の診療所から、無料で秘密厳守のアドバイスや治療を受けることができます。
ほとんどの病院には、STIの検査と治療を行う泌尿器科(GUM)クリニックという特別な診療所があります。若者のために特別に設立された場所もたくさんあります。
ほとんどのSTIは簡単に治療できるので、検査を受けて陽性結果がでることを怖がってはいけません。

妊娠しているかもしれません

最初に行うことは、妊娠検査を受けることによって確実に確認を行うことです。早く行うほど良いでしょう。
無料で妊娠検査を受けることができ、16歳未満の場合でも秘密のアドバイスを受けることができる場所はたくさんあります。
薬局
性的健康または泌尿器科(GUM)クリニック
避妊クリニック
若者のサービスセンター
総合診療所

また、薬局やスーパーマーケットで、自宅で自分でできる妊娠検査を購入することもできます。

計画外妊娠している場合、妊娠を続けるか、妊娠を中絶するかの決定に直面するかもしれません。
早急に中絶が行われるほど、より簡単で安全です。しかし、意思決定に時間を費やしたいかもしれません。このため、できるだけ早く妊娠しているかどうかを知ることが重要な理由です。
自分の準備ができていない限り、妊娠していることを他の人に言う必要はありません。女医に診察してもらうほうが安心であれば、女医をお願いしましょう。
妊娠を継続することに決めた場合は、早急に妊娠(出産前)ケアを開始してください。これには、妊婦と赤ちゃん両方の健康診断が含まれます。かかりつけ医がこれを説明します。

コンドームなしでセックスをしたのですが

無防備なセックスをした場合、妊娠とSTI感染の両方のリスクがあります。最善のことはすばやく対応することです。早く行動すればするほど、妊娠を予防してSTIの治療を早く受けられる可能性が高くなります。

妊娠

妊娠を避けるために、次のいずれかを行うことができます。
無防備なセックスをしてから、避妊薬の種類に応じて最大72時間(3日)または最大120時間(5日間)の間に緊急避妊薬を服用してください。
無防備なセックスの5日後までに、コイルと呼ばれることもあるIUDを装着することができます。
次の生理が予定通りに到着しない場合は、妊娠検査を受けてください。

性感染症(STI)

コンドームなしでセックスをしたり、コンドームが割れたり、脱落したりすると、性感染症(STI)を受けるリスクがあります。
このような状況が発生し、STI感染の心配がある場合は、お近くの次の場所における、無料のSTI感染検査と、秘密厳守のアドバイスとサービスを受けることができます。
性の健康または泌尿器科(GUM)クリニック
地域避妊クリニック
総合診療所

セックスしている場合、妊娠を止めるための緊急避妊に頼らないでください。選択可能な避妊方法はたくさんあります。
クリニックや総合診療所で医師に相談してください。
コンドームは、STIと妊娠の両方からあなたを守ることができる唯一の方法です。選択した避妊方法と一緒に使用してください。

他の病気の治療薬の服用、嘔吐、または下痢はピルの効果に影響しますか?

正しい服用日の適切な時間に服用すれば、ピルは99%効果がでます。しかし、病気にかかっているなど特定の状況かでは、正常に機能しなくなることがあります。常にピルの箱の中の説明書を読んで、影響がありそうな場合を知ってください。
薬剤はピルを適切に働かせません。医師が薬を出す場合は、常に医師または薬剤師に相談してください。
ピルが影響を受けるかどうか疑問がある場合は、ピル服用中でもコンドームを使用し、7日間は使用を続けてください。
ピルを服用してから2時間以内に吐き出すと、正常に機能しない可能性があり、その時から7日間はコンドームを使用する必要があります。
下痢がある場合は、いつものようにピルを服用できますが、体調が悪い時はきちんと機能しないことがあるので、その後7日間はコンドームも使用してください。

ピルの服用を忘れてしまった

ピルの服用を忘れてしまった場合、妊娠から保護されなくなるかもしれません。これは、服用しているピルの種類、服用しなかったピルの服用量、そして包装に残っているピルの数によって異なるでしょう。
ピルの服用は続け、できるだけ早く医師または薬剤師に相談してください。完全に保護されていることを確認するまで、コンドームを使用してください。
ピルを服用し忘れた場合や、プロゲストゲンのみのピルを服用し忘れた場合の対処方法を見つけてください。
毎日ピルを服用することを覚えていられない場合は、避妊インプラント、避妊注射またはIUDのような別の避妊方法の使用を検討することもできます。こうした方法を選べば、毎日、またはセックスをするたびに、避妊について心配する必要がないことを意味します。

関連記事一覧