糖尿病が私の生活にどのような影響を与えたか

その他

糖尿病との診断

ブライアン・ハンテはトリニダードで生まれ、現在はロンドンに住んでいます。彼は約24年前に糖尿病と診断され、そのとき43歳でした。彼はこの状態で生活することについて話します。

「糖尿病と診断された時は驚きました。気分が悪いこともなく、体重を減らしていたので、いつも喉が渇いていました。 私はたくさんの水を飲んで、頻繁トイレに行っていました。 夜に2回起きて排尿しなければなりませんでしたが、それは私にとっては普通ではありませんでした。

医者の診察を受ける

「私はGPに症状を説明したとき、糖尿病のようだと言われました。血液検査では、1型があり、それは通常43歳よりもっと若いうちに発症するものなのですが、年をとっていても発症することが確認されました。 糖尿病について何も知らなかったので、不安になりました。自分で注射をするというのが嫌でした。」

「最初、膵臓がインスリンを産生できるように、メトホルミンとグリベンクラミドの錠剤が与えられました。食事も変えなければなりませんでした。砂糖を避けなければならなかったので、紅茶とコーヒーに砂糖を入れるのをやめ、ケーキ、チョコレート、甘いお菓子もやめました。思っていたほど困難ではありませんでしたが、実は今でもときどきケーキを食べています。」

揚げ物と甘い食べ物

「医者に脂肪分のない食事を勧められたので、ポテトチップや揚げ物は食べません。私はソーセージ、卵、ベーコン、ブラックプディングが大好きでしたが、それらをやめるのはそれほど難しくありませんでした。」

「繊維と果物をたくさん食べるようにしました。しかし、フルーツは甘いので、1日に3回以上は食べません。野菜や蒸し野菜やグリルした肉を食べます。友人とレストランに行って、メニューから簡単に注文することもできました。」

「妻がアイルランド人であるため、トリニダードの食べ物をあまり食べていませんでした。トリニダードで3人の姉妹と一緒に育ったので、私は台所に入ることが許されませんでした。1959年にダブリンに移住してきて初めて、私は自分で料理できるようになりました。」

「私は鍋で焼いた牛肉を含むトリニダード料理を妻に教えました。鍋に油と砂糖を入れ、砂糖をカラメルにした後、肉を加えて独特の味と色に仕上げます。私はそれを食べるのを控えるべきなのですが、今でもときどき食べます。」

インスリン注射

「錠剤と健康な食事で糖尿病を管理した1年後、私はインスリン注射を開始しなければならなりませんでした。私の血糖値は上昇していました。」

「血糖値が高くなり過ぎると、疲れを感じ、問題をうまく処理することができません。気分が悪くなります。」

「医者に注射を始めなければならないと言われたとき、それがそれほど悪いものではないことを私に示すために、医者は注射器を自分の腹に刺しました。」

「針はとてもいいものなので、何も感じません。毎食の前に腹に注射します。夜には、14時間ゆっくりと放出する長期持続性インスリンを注射します。」

血糖値

「毎食前に指先で血糖値を検査しなければならないので、どれくらいのインスリンが必要なのか分かります。最近では、食事の前に毎回必ず検査するわけではありません。 自分の気分から、血糖値を推測できるようになったからです。しかし、私は1日に少なくとも2回検査をします。」

「インスリンを投与したら、すぐに食事をする必要があります。偶然お客さんが来たとき、私は一度忘れてしまったことがあります。私は庭に椅子をいくつか置き、インスリンを飲んだのを忘れてしまっていました。台所の床に倒れ、妻が救急車を呼んでくれました。」

「私は病院に運ばれ、夜までそこにいました。血糖値があまりに低くなっていましたが、結局大丈夫でした。血糖値が危険なほど低くなったら、低血糖発作を起こす危険があり、昏睡状態に陥ることがあります。これは致命的なことがあります。」

目の問題

“健康的な食事と同様に、医者は運動を勧め、体重を管理します。歩くなど、1日30分間の運動が良いと言います。私は運動をしませんが、本当はするべきです。最近、私は少し体重が増え、栄養士に会いました。」

「糖尿病のために、私は目に問題がありました。糖尿病性網膜症(目の細い血管の損傷)で、私は両目のレーザー手術を受けました。」

「定期的な目の検査を受け、6ヶ月ごとに血液検査のために病院を訪れ、足に神経障害がないかどうかをチェックします。神経障害は、糖尿病のときに起こる神経の損傷です。」

「糖尿病が私の生活に与えたもう一つの影響は、休暇中に注意する必要があることです。すべての薬を手荷物として持っていなければならないので、自分が糖尿病であり、インスリン注射器を持ち運ぶ必要があるという医者の診断書を持っています。」

「私の健康について質問したいと思ったらGPを訪問することができますが、頻繁は行きません。糖尿病を非常に簡単に管理することができます。」

関連記事一覧