家庭内暴力:あなたとあなたのお子さんを守る

その他

家庭内暴力とは何ですか?

家庭内暴力とは、介護者、親、配偶者または親密なパートナーによる虐待のことで、多くの種類があります。 虐待の種類には以下のものがあります。
・身体的虐待(殴る、蹴る、噛むなどの物理的な力の行使)
・性的虐待(性行為の強要)
・精神的虐待(脅すことや、絶え間ない罵りおよび軽蔑)
・その他の虐待(経済面および活動面での制限など)

家庭内暴力について知っておくべきことは何ですか?

パートナーや子供に対する暴力は例外なく違法となります。
自分自身がパートナー、両親または保護者によって傷つけられたという理由で、虐待が引き起こされることはありません。また、 アルコールや薬物は暴力を悪化させる可能性はあるものの、虐待を引き起こす根本的な原因ではありません。 虐待は、妊娠中に始まり、継続し、さらには悪化する可能性があります。

子供や自分自身が虐待を受けた場合、何をすることができますか?

まず、あなた自身やお子さんの安全を確保してください。 友人や親戚の家、緊急避難所などの安全な場所に移動するか、 お子さんを連れて行ってください。 安全に家を出ることが困難と思われる場合や、虐待者に対して慰謝料を請求したい場合は、警察に電話してください。
可能な限り、家の鍵、金銭、および重要書類をお持ちください。 更なる危険に避けるため、しばらく薬物やアルコールを使用しないでください。緊急避難所のスタッフは、法的な保護を得るための手助けをしてくれます。

自分が虐待を受けた場合、は助けを得るための他の方法はありますか?

ご自分の主治医にご相談ください。必要な医療およびサポートを提供し、役に立つ方法を紹介してくれます。 また、緊急避難所に電話し、ご自分あるいはお子さんのためのカウンセリングや、虐待被害にあった人の支援グループについてお尋ねください。 看護師、ソーシャルワーカー、その他ヘルスケアの専門家も、あなたのお力になれます。

関連記事一覧