食中毒を防ぐために行いたい10の方法

その他

食中毒について

食中毒を経験したことがあれば、健康な人にとってさえ、それがどれほど不快であるか知っているでしょう。食中毒は深刻な病気や死に至ることもあります。
ほとんどの人は、食中毒はレストラン、カフェ、ファーストフード店が原因と考えていますが、英国食品基準庁によれば、自宅で作った食事から病気にかかるようです。
家での食中毒のリスクを減らすために、以下のヒントに従ってください。

手を洗ってください

肉、魚、卵、野菜を含む生の食品を扱ったり、ゴミ箱に触れたり、トイレに行ったり、鼻をかんだり、ペットを含む動物に触れたりした後、石鹸とお湯で徹底的に手を洗ってください。

調理台をきれいにしてください

特に鳥肉を含む生肉、生卵、魚、野菜が触れた後、食品を調理する前後に調理台をきれいにしてください。抗菌スプレーを使用する必要はありません。お湯と石鹸水で大丈夫です。

ふきんを洗ってください

ふきんを定期的に洗い、再度使用する前に乾かしてください。汚れていて湿ったふきんは、細菌が繁殖するのに最適な場所です。

別のまな板を使用してください

生の食品とすぐに食べられる食品には、別のまな板を使います。生の食品には、他の食品、調理台、まな板、包丁などの触れる物に非常に広がりやすい、有害な細菌が含まれている可能性があります。

生肉は離しておいてください

生肉をサラダ、フルーツ、パンのような食べ物から離しておくことは特に重要です。これらは調理せずに食べるので、食品についた細菌が死なないからです。

生肉は冷蔵庫の下段に置いてください

生肉を常にふたをし、冷蔵庫の下段に置いてください。そこでは、他の食べ物に触れたり、血がしたたれたりすることはありません。

食べ物を十分に加熱調理してください

食べ物を十分に加熱調理し、火が通っていることを確認してください。鶏肉、豚肉、ハンバーガー、ソーセージ、ケバブは肉の内側にピンクの部分がないように、火が通るまで加熱してください。台所じゅうに細菌が広がる危険があるので、調理する前に鶏肉や七面鳥を含む生肉を洗わないでください。
生の鳥肉を冷凍させるとカンピロバクターのレベルが低下しますが、完全に死ぬわけではありません。すべてのカンピロバクターを殺す最も安全な方法は、鶏肉をしっかり加熱調理することです。

冷蔵庫内を5度以下に保ってください

冷蔵庫内の温度を5度以下に保ちます。食べ物を冷たく保つことで、食中毒のウイルスが増えるのを防ぎます。

残り物はすぐに冷やしてください

すぐに食べない物をつくった場合は、できるだけ早く冷やして(90分以内)、冷蔵庫または冷凍庫に保管してください。冷蔵庫の残り物は2日以内に使用してください。

消費期限を守ってください

問題なさそうに見えても、消費期限を過ぎた食品は食べないでください。消費期限は、どれくらいの速さで加工食品に有害なウイルスが現れるかを示す科学的な検査に基づいています。

関連記事一覧