ティーンエイジャーの子どもに向き合うために

症状

ティーンエージャーへの対処

ティーンエイジャーの子どもの行動にストレスを感じ、それが正常かどうかを心配する親は多いです。私たちは、子どもがティーンエージャーのときに経験する変化や、ティーンエージャーの子どものよくない行動による影響にどう対処するかを確認します。

普通のティーンエージャーの行動

親であることは世界で最も難しい仕事だと言います。そのような人にとって、子どもがティーンエージャーであるときに、まさにそう感じるようです。

ティーンエージャーの行動は、困惑したり、ストレスになったり、傷つきやすく、心配になることもよくあります。しかしほとんどの場合、大人になるという自然なプロセスであって、深刻なことが起こっているわけではありません。

親が苦労している行動に関する問題のほとんどは、思春期や成長するために必要なものです。

アイデンティティを見出すために苦しむことや、友人からのプレッシャー、そして自立意識の芽生えなど、身体の変化を伴うホルモンの急激な上昇は、ティーンエージャーという時期は子どもが混乱する時期であることを意味します。

それは例えば、子どもが離れるようになったり、一人で、もしくは友だちと過ごす時間が多くなったり、誤解されたと感じたり、親と話したり愛情を表現したりすることを拒絶したり、不機嫌になったりすることがある、ということです。

こうした人格の変化は自然なものですが、子どもに傷つけられたり心配したりすることではありません。

ティーンエージャーの行動に対する親の気持ち

ティーンエージャーは、もっとも穏やかな親にさえ食ってかかります。他の子どもや仕事、人間関係、家族の約束、病気などで自分の人生にさらにプレッシャーがかかっていると、ティーンエージャーがあなたを瀬戸際に追い込んでいるかのように感じるかもしれません。

状況から少し距離を置いて、ティーンエージャーは一緒にいるのを難しく思うような行動をとる理由は心理学的な理由があることを思い出してください。子どももおそらく、この状況を楽しんでいないと思います。親は大人ですし、困難な状況から抜け出すよう子どもを導くのは親であるあなたの責任です。ずっと子どもと一緒にいられることを期待してはいけませんし、自分自身を振り返ることも忘れてはいけません。

ティーンエージャーが距離を置いていることに拒絶されたような気分になっているとしたら、家族以外の友だちと過ごすことが、その子の成長過程でとても重要であることを思い出してください。つらいときは、友人やパートナー、あるいは家族に頼ってみてください。

ストレスにどうやって対処していますか?

精神保健の慈善団体であるヤングマインズは、厄介なティーンエイジャーに接する効果的な方法は、自分自身を見直すことから始めることである、とアドバイスしています。

例えば:
・熟睡する
・健康的に食べる
・リラックスして子どもから離れる時間を作る
・定期的に運動する
・友人、パートナー、外部の支援者やサポートグループに話す
・ストレスに対処する技術を学び、うつや不安の徴候を知る。あなたがうつ、不安、ストレスを感じていたら、医師に相談する

私はティーンエイジャーとどのように行動すべきですか?

穏やかでいつも同じであること

家族と一緒に働く臨床心理学者のリンダ・ブレアは、次のように説明しています。「ティーンエージャーはホルモンが体内に急激に広がっているため、論理的というより感情的になっていることが多いのです。そのことは必ずしもティーンエージャーにとって楽しいこととは限らず、恐ろしささえ感じることがあるのです。親にとってはつらいかもしれませんが、穏やかでいつも同じ存在を維持する必要があります。

ティーンエイジャーのロールモデルであることを忘れない

リンダは次のように言います。「親の喫煙や飲酒、ドラッグの使用をみたら、子どもは自分も同じことをやっていいという合図だと思うでしょう。たとえ親が禁止しようとしても、子どもはいうことを聞かないでしょう」

不安になりすぎない

たとえば、ティーンエージャーの息子や娘が無防備なセックスをしているのではないかと不安になっても、子どもがその事実を知っていると推測しないでください。でも、疑ったりしないでください。その代わり、リーフレットやウェブサイトのURLなどの情報を提供して、リスクや安全に行うための方法を知る機会を与えてあげてください。

自分の時間を与える

時期がきたら、一緒にいる時間や話せる時間を作ってください。そして、いつ話したいかを聞いてみてください。たとえば、どこかに行きたいなら車を用意しましょう。ちなみに、車で旅行している時間は、話をするのに向いています。

ひとりにさせる

子どもに自分のスペースとプライバシーを持たせてあげましょう。

愛情を示す

反応していないように見えても、子どもは親の愛情を必要としています。

限度を設ける

限度を設けておくと、ティーンエイジャーは安心感を得ることができます。限度が何かを決め、それを守らせるようにしましょう。

関連記事一覧