セックスをするタイミングを正しく判断するために

症状

性交とは?

「性交=sex」とは、陰茎(いんけい)の腟(ちつ)への挿入による性的活動(性交)、または生まれた性別(男女)を意味します。

友だちはすべて性交を経験しています。 したほうがいいですか?

性交についての仲間の圧力に屈服しないでください。 だれも、何を、いつするのかを教えてくれる人はいません。 他人との性交経験しても、決してかっこいいと感じたり成長したりすることはありません。
必ずしも「だれもがやっている」とは思わないでください。友だちは性交をしているというかもしれませんが、かっこよくて人気があることを自慢しているのかもしれません。 真実を誇張しているかもしれないし、雑誌、テレビ、インターネットで見たことから作り話をしているかもしれません。 性交するかどうかはプライベートなことです。 したくない場合、そのような情報を友だちと共有する必要はありません。

性交の危険性は何ですか?

性行為の健康上のリスクには、妊娠、ヘルペス、クラミジア、性器疣贅(せいきゆうぜい)、淋病(りんびょう)、梅毒(ばいどく)、 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)などの性感染症 (STI)が含まれます。 肉体的に発達する前に性交をすると、痛いこともあります。 十代のときに性行為を始める女性は、子宮頸がんのリスクが高いなど、健康上の問題が多い傾向があります。
処女とは、性交を経験していない女性のことです。
性交には心理的なリスクもあります。 自分自身が準備できていないときに性交したりだれかが圧力をかけると、自分のことが嫌になったり、パートナーが本当に配慮してくれているのか疑問に思うかもしれません。 ストレスを引き起こす可能性のある妊娠やSTIなど、考えられなかった結果に対処する必要があるかもしれません。

禁欲とは?

禁欲とは、性交をしないことです。 それは重要な選択肢で、多くの若者が「待つ」という選択をします。 宗教的あるいは精神的な信念や個人的価値のために控える人もいます。 また、妊娠やSTIを避けるために、または単に性交する準備ができていないために控えています。 性交を控えている友だちやパートナーがいる場合は、その人をサポートしてあげてください。

性交をしましたが、もうしたくありません

それは自分の気持ちについて何かを学んだのです。 今はよりよい選択をすることができます。それには、年が経ち、より準備が整うまでは性交しないことを決めることができます。 信頼できる人にその気持ちを話したいと思うでしょう。

性交をする準備ができていることはどうすればわかりますか?

準備できているときをみつけ出すことは難しいことです。 からだは準備ができていると思われる信号を出すかもしれませんが、からだの声だけに耳を傾けるべきではありません。 自分自身の信念、価値観、そして感情もまた、性交を選択するときに重要な役割を果たします。
プレッシャーを感じているときや、とても緊張していて不安定な場合は、準備が整っていないことを示す1つの徴候があります。 ちょっと神経質になりますが、あなたの気持ちに注意する必要があります。 一歩下がって、本当に望むものをみつけましょう。 両親やカウンセラー、学校の先生、聖職者、または医師のように信頼できる人に話してみてください。

愛していれば、性交するでしょう

性交するためにだれかパートナーにこのセリフをいわせないでください。 本当に好きでも、聞かないでください。 パートナーを維持するための性交は、長期的には機能しません。 たとえそれがあっても意思決定するにはよい気分にならないかもしれません。
性交をしたくないためにパートナーと別れたいなら、その人は最初から時間をかける価値がありません。ほかの人にこのことばを使ってはいけません。そうでないとパートナーを失い、自己嫌悪を感じることになります。 パートナーの気持ちと信念を尊重してください。

性交するとを決めたら?

性交しようとしているとき、またはすでに性交しているときは、できるだけ安全に性交してください(最も安全な方法は性交しないことです)。自身とパートナーを保護するために、ラテックス製のコンドームを使用してください。 コンドームは、STIに対する保護が最も高く、妊娠を防止することができます。避妊ゼリー (殺精子剤)とコンドームを併用すると、より高い避妊効果が得られますが、すべての人にとって正しいとは限りません。 たとえば、ノンオキシノール-9を含む殺精子薬は生殖器刺激を引き起こし、STIを引き起こす危険性を高める可能性があります。 毎回正しく使用しないと、コンドームは機能しません。 「使用上の注意」を読んで使い方を調べるか、医師に相談してそれを理解するようにしてください。 性的に活発な女性なら、 子宮内避妊器具(IUD)や長期作用型可逆的避妊法(LARC)について医師に相談してください。

関連記事一覧