ケロイド瘢痕についての基礎知識〜治療〜

その他

ケロイド瘢痕について

傷跡のいくつかが塊状に成長し、傷ついた傷口よりも大きくなります。これはケロイド瘢痕と呼ばれます。誰でもケロイド瘢痕となる可能性がありますが、アフリカやアフリカ – カリブ海や南インドの人々のように、肌が暗い人によく見られます。

ケロイド瘢痕とは何ですか?

切り傷、咬合、傷、熱傷、ニキビ、または穿孔などによって皮膚が壊れた場合、体はコラーゲンと呼ばれるタンパク質を多く産生します。
コラーゲンは、損傷した皮膚の周りに集まり、傷口をふさぐことに役立ちます。結果として生じる傷跡は、通常、時間とともに消えて、より滑らかで目立たなくなります。
しかし、一部の傷跡は成長を止めず、健康な皮膚に侵入し、元の傷口よりも大きくなります。これらはケロイド瘢痕として知られており、すべての創傷の約10〜15%におきます。
ケロイド瘢痕は、胸の上部、肩、頭(特に耳たぶ)および首に一般的ですが、どこでも起こります。
通常、ケロイド瘢痕はこのように見えます。
・つるつるしている
・無毛
・周囲の皮膚の上にできる
・硬くてゴム状である
・最初は赤または紫で、後に茶色または淡色になる
何年も続く可能性があり、時には最初の怪我した後、数ヶ月または数年後まで形成されません。
通常痛みはありませんが、以下の症状を起こす場合もあります。
・痛み
・圧痛
・かゆみ
・燃えるような感じ
・関節上に位置する場合、動きが制限される
傷跡が傷ついていると思われる人は、困惑したり、イライラする人もいます。
専門家でもケロイド瘢痕が起こる理由を完全には理解していません。伝染性でも癌性でもありません。
ケロイド瘢痕は、火傷、ニキビ瘢痕、さらには水痘などの軽度の皮膚ダメージの後に発症することがありますが、皮膚外傷の既往歴なしに自発的に起こることがあります。前にケロイド瘢痕があった場合、別のケロイドになる可能性が高くなります。

ケロイド瘢痕になるのはどんな人ですか?

ケロイド瘢痕は誰にでも起こる可能性がありますが、皮膚が暗い人ではより一般的であり、家族で遺伝すると考えられています。10歳から30歳までの若い人たちに現れる可能性が高くなります。

ケロイド瘢痕のを防ぐことができますか?

ケロイド瘢痕を完全に防ぐことはできませんが、耳たぶを含む、体への入れ墨やピアスなど、意図的な傷や切りこみは避けたほうがよいでしょう。
ニキビを治療すると、ニキビ瘢痕が現れる可能性が低くなります。可能であれば、ケロイド瘢痕化がより起こりやすい部位(上胸、背中、上腕)への軽度の皮膚手術を避けてください。

ケロイド瘢痕の治療

利用可能な治療法はいくつかありますが、他の治療法より効果的であるとは示されていません。治療は困難であり、常に成功するとは限りません。
ケロイドを平らにするために役立つ治療には、次のものがあります。
・ステロイド注射
・ステロイド含浸テープを1日12時間貼る
・シリコーンゲルシートを数ヶ月間貼る
その他のオプションは次のとおりです。
・初期のケロイドを液体窒素で凍結させて増殖を止める
発赤を減らすためのレーザー治療。これで瘢痕を小さくすることはできない
ケロイドを摘出するために放射線治療が行われることもあるが、再びケロイドとなり、前に比べて大きくなる可能性がある

関連記事一覧