職業性呼吸器疾患んついて知っておきたいこと

症状

肺疾患のリスクはどんな仕事の人にありますか?

職場の空気中に塵、煙、スモーク、ガス、蒸気またはミストが過剰に含まれていると、肺疾患の危険性があります。また、喫煙者は、職場の空気中物質への曝露で肺疾患を引き起こす可能性が非常に高くなります。 換気が悪く、職場に熱が閉じ込められている場合も病気のリスクが高まり、 肺疾患を引き起こす物質に晒される職場で働く人は、外気汚染で肺疾患のリスクが高まる可能性があります。

どのような物質が肺疾患を引き起こしますか?

たくさんの物質が、呼吸の問題や肺の損傷を引き起こす可能性があります。 その中には次のものがあります:
木材、綿、石炭、アスベスト、シリカ、タルクなどの粉塵 。 穀類、コーヒー、殺虫剤、薬剤や酵素粉、金属やガラス繊維から出る塵も肺を傷つける可能性があります。
加熱後すぐに冷却される金属から出る煙 。 細かい固体粒子が大気中に運ばれるためで、 金属やその他の物質が急速加熱・急速冷却されて出る煙に曝露される仕事の例として、溶接、製錬、ファーネス製造、陶器製造、プラスチック製造およびゴム加工があります。
有機物を燃やすことによる煙。 燃焼される物質に応じて、さまざまな粒子、ガス、蒸気を含みます。 消防士が危険にさらされます。
ホルムアルデヒド、アンモニア、塩素、二酸化硫黄、オゾン、窒素酸化物などのガス。 化学反応を扱う作業や、溶接、ろう付け、製錬、オーブン乾燥、炉作業などの仕事に関連しています。
液体から放出され気体の形態となる蒸気。溶剤から放出するような蒸気は、鼻や喉を刺激し、肺に影響します。
塗料、ラッカー、ヘアスプレー、農薬、洗浄製品、酸、油および溶剤(テレピンなど)からのミストまたはスプレー。

曝露によってどんな呼吸障害が起こりますか?

いくつかの物質は、鼻水や喉の痛みなど風邪のような症状を伴い、鼻や喉の炎症を引き起こします。
ウイルス感染とアレルギーも同様の症状を引き起こしますが、 鼻や喉が刺激され、職場にいるときに呼吸の問題が発生する場合は、仕事に関連した症状の疑いがあり、気管支炎、インフルエンザ様症状、喘息または気腫の発症リスクを高めます。
気管支炎を患っている人は、鼻水や痰が生じ、少なくとも3ヶ月から1年間、咳が続きます。 気管支炎の最も一般的な原因は喫煙ですが、職場の空気もまた毒素の役割を果たします。インフルエンザにかかりやすいことに気づいた場合、職場での曝露によって引き起こされている可能性があります。 曝露によるインフルエンザが疑える場合、以下が、仕事に関連する肺疾患になります:
アレルギー性肺胞炎(「農業者の肺」としても知られている)は、かび臭い干し草に過度に暴露した後に起こることがあります。
金属ヒューム熱は、金属蒸気の吸入(例えば、溶接および他の金属操作)の際に生じます。
ポリマーヒューム熱は、テフロンなどポリマーの煙を吸い込んだ後に起こります。
上記の症状の何れかかを有する労働者は、物質への暴露後4〜6時間の内に、呼吸障害、咳、発熱、筋肉痛、倦怠感を発症します。 職場にいる際、このような症状が何度も繰り返される場合、病気が仕事に関連しているかもしれないことを示すサインです。
大人になってから喘息を発症した場合、職場の曝露と関係している可能性があります。 喘息の症状には、喘鳴、胸部圧迫、持続的な乾いた咳、呼吸困難が含まれます。
気腫は通常、喫煙している高齢者に発生しますが、石炭やアスベスト、シリカダストがある環境で20年以上働いている人も、気腫を発症する可能性があります。咳、疲労、胸の圧迫感、呼吸困難などの症状があります。

職場の空気のために病気になっていると思ったら、どうすればいいですか?

職場の空気が気分を悪くしていると思われる場合は、医師に相談してください。医師は、以下のような情報を提供するように求めます:
これらの事柄に関する書面による記録を医師と共有することは有益です。あなたのシフトや勤務時間、あなたが働いている曜日、あなたが仕事をしていない曜日を書き留めておいてください。 以前の仕事、趣味、喫煙習慣など、あなたの肺に影響を与えているものを思い出してみてください。 医師が職業病歴の書式を送付した場合は、可能な限り完全に記入してください。
医師は、職場で使用する材料の容器に記載されているすべての成分を知ることが有益であるかもしれません。 これらの成分のリストを作成し、ラベルに印刷されている注意事項や救急処置を書き留めてください。
職場での物質安全性データシート(MSDS)のコピーについては、雇用者にご相談ください。 これらは職場で使用する製品に関する情報シートです。 すべての雇用者は、法律でこれらの書式を記入する必要があり、それらを見る権利があります。 医者を受診する予定の日にそれも持参してください。
症状が最初に現れたとき
・どのくらいの頻度で症状が出るか
症状が悪化する時
・良い気分になる時があるかどうか
・症状と仕事にはどれくらい関係があると思うか
・職場でどのような材料、物質と接触しているか
以上の事柄に関して、医師との情報を共有は有益です。シフトや勤務時間、勤務日、休日、以前の仕事や趣味、喫煙習慣など、肺に影響をあたえていると考えられるものも記録してください。 医師が職業病歴の書式を求めた場合は、可能な限り完全に記入してください。
職場で使用している材料の成分を知ることが医師にとって有益な場合もあります。 成分のリストを作成し、ラベルに印刷されている注意事項や救急処置も書き留めてください。
職場での物質安全性データシート(MSDS)については、雇い主に相談してください。 雇い主は、求められた場合、書式を記入する義務があり、雇用者には書式を見る権利があります。 受診する予定の日に持参してください。

肺を損なわれないようにするにはどうすればいいですか?

喫煙しているなら、止めてください。 職場でのリスクにかかわらず、健康のためにも大事です。喫煙者は、非喫煙者よりも仕事関連肺疾患を発症するリスクが高くなります。
呼吸用保護具を着用してください。呼吸器は、体に入る前に空気をきれいにする装置で、使用に際し、適切に装着し、訓練を受ける必要があります。使用するたびに慎重に掃除し、機能を確認し、時間の経過とともに、再調整が必要になります。物質にさらされなくなるまで、一時的な手段として呼吸器を使用します。
作業中に有害物質に暴露されている場合、通風の問題や曝露について上司に相談してください。材料の変更、作業の変更、または機械の変更で、空気中の危険を減らすことができます。 換気システムは、空気中の汚染物質や毒素を除去して曝露を減らし、蓄積を防ぐことができます。 局所排気換気は、危険なプロセスまたは機械によって生成された汚染空気を生成された場所で除去します。従業員が有害物質から隔離されている職場もあります。

関連記事一覧