糖尿病患者との旅行のときに注意したいこと

その他

旅行の準備

糖尿病を患っている人から旅行や休暇を楽しむことを奪ってはいけません。
前もって計画することが、楽しい時間を過ごし、糖尿病の潜在的な問題に対処するための鍵です。
健康専門家は、旅行する前に旅行の準備を4〜6週間することをお勧めします。

糖尿病患者が旅行する場合、何が必要でしょうか?

準備の一環として考慮すべき事項は次のとおりです。
・食事
・医薬品および旅行ワクチン
・旅行保険
・飛行機による旅行

食べ物と糖尿病

国内にいても海外にいても、健康的に食べていることを確認してください。
地元のメニューから食べ物を選んで、バランスの取れた食事がとれるようにするべきです。
目的地まで飛行機で行く場合、インスリンの計画を立てることができるように、航空会社はほとんどの食事の時間に関する情報を提供します。
インスリンや特定の糖尿病の錠剤を飲んでいる場合は、十分な炭水化物を供給できないかもしれませんが、標準的な食事を注文するのが最善です。

医薬品および旅行ワクチン

糖尿病に通常使用する医療用品の量の2倍を持っていってください。
緊急時に目的地でインシュリンの供給源を入手できる場所を調べてください。
旅行中の注射に関する情報や、地域の天気や時差が体調にどのような影響を与えるかについては、糖尿病の専門医に尋ねてください。
糖尿病はワクチンの接種には影響しませんが、特定の注射が糖尿病のコントロールを混乱させるかどうか、そしてどのようにこれを管理すべきか、医者に尋ねる価値があります。
暑いまたは寒い気候の地域に旅行すると、インスリンおよび血糖監視システムの動作に影響を与える可能性があります。

糖尿病旅行保険

糖尿病を含むすべての病状を宣言してください。 間違うと、請求が拒否される可能性があります。

糖尿病の航空旅行

ポンプや血糖監視システムなど、航空機に持ち込むことになる医療機器について、旅行の数週間前に航空会社に問い合わせてください。
インスリンポンプを使用する場合は、装置メーカ、航空会社、空港に連絡して、X線装置などの空港スクリーニング装置を通ることについてアドバイスを受けてください。
チェックインバッグが紛失したり、手荷物預り時に薬品が破損した場合に備えて、すべての糖尿病薬を手荷物として持ち運んでください。

関連記事一覧