私は妊娠していますか?

その他

女性で、男性との無防備な性行為(避妊具の使用をがない)をすればば、妊娠することがあります。妊娠の兆候と支援を得るためにそうしたらよいのかについて知りましょう。

いつ、どこにいけば妊娠するという噂が巷にはたくさんありますが、セックスをすれば、本当に妊娠の可能性があります。

いつ妊娠しますか?
まわりから聞くことすべてを信じてはいけません。妊娠することがあるということだけが事実です。
初めてのセックス場合であっても
月のうちのどこででも、月経中であったとしても
射精する前に陰茎を引き抜いたとしても
月経が始まっていないとしても
立位であろうと、セックスしている体位には関係がない
セックス直後に、立ち上がっても、洗浄しても、飛び跳ねようとも関係ない
オルガスムがなくても
男性が慎重にすると言ったとしても(男性は射精前に精液が漏れるのを止めることはできない)

妊娠は、通常の避妊方法がうまくいかなかった場合にも起こります。例えば、ピルを服用中の場合でも、嘔吐した場合、下痢がある場合、または服用を忘れた場合などはうまくいきません。避妊は、それが正しくかつ一貫して使用される場合にのみ機能します。

緊急避妊薬とは何ですか?

無防備な性行為がある場合、または避妊が失敗したと思われる場合は、緊急避妊薬を使用して計画外の妊娠を避けることができます。これは緊急時にのみ使用されるべきであり、通常の避妊方法の代替方法ではありません。また、緊急避妊薬は性感染症(STI)を防御するものではありません。
これには2つの方法があります。
緊急避妊薬(時には 「モーニングアフターピル」と呼ばれる)。緊急避妊薬には2種類あります。 Levonelleは性交から72時間以内に服用しなければならなりません。 ellaOneは性交から120時間以内に服用する必要があります。両方の薬とも、より早く服用するほうが効果的です。
子宮内装置(IUD).無防備な性行為の後5日以内であれば子宮内におくことができます。

総合診療医、地域避妊クリニック、ブルックサービス(25歳未満の場合)、性的健康サービスセンターおよび泌尿生殖器薬(GUM)クリニック、若者向けクリニック、薬局から、緊急避妊薬を無料で手に入れることができます。年齢にかかわらず、緊急避妊薬をもらうことができます。16歳以上の場合は、薬局から緊急避妊薬を購入することができます。

妊娠の兆候は何ですか?

ほとんどの女性が気づく妊娠の最初の兆候は、生理が来ないことですが、確実に知るためには、妊娠検査を受ける必要があります。
一部の総合診療医、ブルックサービス(あなたが25歳未満の場合)、避妊クリニック、または若者クリニックでは、無料で精密検査を受けることができます。あなたが16歳未満であっても、こうした機関はあなたの両親に言いません。また、薬局やスーパーマーケットから妊娠検査キットを購入することもできます。

妊娠の他の徴候および症状には、次のようなものがあります。
胸の痛み
昼も夜もいつでも気分の悪さや嘔吐を感じる
非常に疲れている
頻繁に排尿する必要がある

妊娠している可能性があることを心配している場合は、できるだけ早く産婦人科または総合診療所に行って確かめてください。検査の結果が何であれ、彼らはあなたに助けと支援を行うことができます。あなたが妊娠している場合は、医師または看護師が選択肢を提示し、アドバイスや独立したカウンセリングを受ける場所を教えてくれます。
妊娠していない場合は、将来の計画外妊娠の危険を避けるために効果的な避妊法に関するアドバイスを受けることができます。

妊娠検査を受けることができるのはいつですか?

ご自身の生理の予定日に検査を受けることができます。生理の予定日がわからない場合は、次のいずれかの後から21日(3週間)が過ぎたときに検査を受けてください。
無防備なセックスをした日
ピルを飲むのを忘れたかもしれない日
避妊方法に何か問題があったかもしれないと思う日

妊娠していたらどうすればよいのか?

検査が陽性の場合は、妊娠しているため、次に何をすべきかを決定する必要があります。選択肢については、診療所の医師または看護師、またはかかりつけ医に相談してください。身近な人と話すことも役立つかもしれません。
必要とするすべての情報をできるだけ早く入手すれば、ご自身の妊娠について正しい決定を下すことができます。決定を遅らせないでください。妊娠している事実は変わらないので、妊娠が本当ではないふりをしないでください。
妊娠を続けることに決めた場合は、早急に早産(妊娠)ケアを開始する必要があります。
計画外の妊娠はストレスがかかるかもしれないため、妊娠を継続できないと感じるかもしれません。中絶の可能性を含め、選択肢について説明してくれるかかりつけ医と話し合う必要があります。
妊娠中早期に行われれば、中絶はより安全で簡単になります。イングランドとウェールズにおける中絶の大部分は、最初の13週間内に行われます(3ヶ月以内)。 中絶をしようと思うすべての女性は、訓練を受けたカウンセラーと自身の選択について話し合う機会を与えられます。

関連記事一覧