神経性無食欲症(拒食症)についての基礎知識

症状

イントロダクション

神経性無食欲症とは、人が摂食障害に陥り、可能な限り低体重を保とうとする、深刻な精神状態を指します。
無食欲の人は通常、食物の摂取量を減らす、故意に嘔吐する、過剰に運動する、といった方法で低体重を維持しようとします。
このような精神状態は、体型に対する心配(肥満への恐怖や痩せることへの欲が発端)が原因で発現します。無食欲症の人はしばしば自身に対するイメージが歪曲されており、(事実に反して)太っていると思い込んでいます。
近年では少年や男性の間でも無食欲症が見られるようになりましたが、最も一般的には、少女や女性が特に無食欲症に影響されやすいです。この精神状態は、平均的には16-17歳に形成され始めます。

無食欲症の兆候・症状

無食欲症を患っている人は多くの場合、家族や友人から自身の行動を隠し通すためにありとあらゆることをします。例えば、何を食べたかを偽ったり、早めに食事を取ったのだと主張したり、といったことです。
無食欲症やその他の摂食障害を抱えている可能性を示唆する証は以下の通りです。
・食事を抜く、非常に少食である、或いは脂肪質の食物を避ける
・異常なまでに食物のカロリーを計算する
・速やかに食卓を離れる(嘔吐するため)
・食欲抑止剤、或いは緩下剤、利尿薬などを服用している
・繰り返し自身の体重を計測したり、鏡で身体をチェックしたりする
・肉体的な問題(めまい、抜け毛、乾燥肌など)
無食欲症はそれとは別の心理的問題が関係している場合があります。例えば、鬱病、心配、自尊心の弱さ、アルコール濫用、自傷行為、などです。

助けを求める

多くの場合、無食欲症を患っている人は助けを求めません。これは恐れを抱いてたり、そもそも問題があるということに気づいていなかったりするからです。非常に多くの無食欲症患者がその精神状態を長期に渡って(時には何年もの間)秘密にしてきました。
無食欲症を抱えている人が、自分には助けが必要なのだということにきづき、良くなりたいとおもうことが最も重要であり、これが最初の一歩です。
知人が無食欲症を抱えている可能性があるのならば、その不安を伝えるよう努力し、助けを求めるよう後押ししましょう。
この会話はとても困難なものかもしれません。というのも、無食欲症患者は守りが堅く、問題があるという事実を受け入れない可能性があるからです。しかしながら、彼らを非難したり圧迫することは事態を悪化させかねないので、そうしないことが重要です。
摂食障害者支援団体等に助言を求めることから始めるのもよいかもしれません。
自分が無食欲症を患っているのではないかと懸念される場合は、可能な限り早く助けを求めましょう。家族や友人など、信頼の置けるひとに打ち明けるところから始めても良いですし、彼らと共に家庭医・主治医に診て貰うのもよいでしょう。

無食欲症の治療

無食欲症の処置を始める前に、まずは肉体面、心理面、社会面に関するニーズアセスメントがなされる必要があります(主治医、或いは摂食障害の専門家などにおこなってもらう)。これは、医師らに最適な治療法を判断してもらう上で重要です。
多くのケースにおいて、無食欲症の処置では、心理的な混合治療、安全に体重を克復するための患者個人にあわせた食事・栄養面のアドバイスが成されます。
治療においてはまた、様々に異なる健康福祉専門家が関与します。例えば、主治医、臨床心理士、臨床専門看護師、栄養士などです。
大抵のひとは外来患者として治療を受けることができ、診療が終われば帰宅することができます。より深刻なケースでは、治療は病院、或いは接触障害専門クリニックへの入院野中で行われます。

治療の展望

無食欲症の完治には数年を要する場合もあり、再発も珍しくありません。例えば、女性が妊娠中に増えた体重を減量しようとすれば再発の可能性があります。
無食欲症患者の半数以上は、治療をした後も一定程度の摂食障害を抱えることになります。
無食欲症を治療が成されていない状態で長い間放置しておくと、別の深刻な問題が生じる場合があります。例えば、骨粗鬆症(オステオポローシス)、生殖不能症、動悸その他の心臓病などです。
無食欲症はあまり一般的な健康状態ではありませんが、精神病関連の死亡者数を高めている主要な問題です。これは、無食欲症が栄養失調や自殺に至るからかもしれません。

関連記事一覧