飲酒量を減らすためにしたい8つのコツ

その他

1.計画を立てる

飲み始める前に、どれくらい飲むかの上限を設定してください。

2.予算を設定する

アルコールにかける金額を限定してください。

3.友人に伝える

友人や家族に飲酒量を減らしていて、それが自分にとって重要なことを伝えれば彼らに協力してもらえるようになります。

4.毎日取り組む

毎日少しずつ減らしてください。そうすれば、あなたは毎日成功します。

5.量を少なくする

酒を飲んでもかまいませんが、小さいサイズを選んでください。パイント(約500ml)サイズのものではなく、ボトルサイズを選んだり、大きなグラスワインではなく、小さいサイズのグラスワインで飲むようにしてみてください。

6.度数の低い酒を飲む

度数の強いビールやワインを弱いものに換え、アルコールの量を減らしてください。度数に関する情報はボトルに記載されています。

7.水分補給を忘れない

酒を飲む前に水を飲んだり、酒と水や清涼飲料水と交互に飲んだりしてください。

8.休肝日を作る

週何日か、酒を飲まない日を作りましょう。

飲酒量を減らすメリット

飲酒量を減らすと、以下のような効果がすぐ表れます:

・朝、気分が良い
・日中疲れにくい
・肌つやがよくなる
・健康になってくる
・体重が減ってくる

長期的なメリットは次のとおりです:

気分

大量の飲酒とうつ病との間には強いつながりがあり、二日酔いで不安になったり落ち込んだりすることもたびたび起こります。もしすでに不安や悲しみを感じているなら、飲酒はこれを悪化させる可能性があるので、酒量を控えることで少しずつ気分がよくなってくると思います。

睡眠

飲酒はあなたの睡眠に影響することがあります。すぐに寝る人もいますが、睡眠パターンを乱し、深く眠れないことがあります。だから、アルコールを減らすと、目覚めたときに体の疲れがしっかりとれていると感じることができるのです。

行動

飲酒は判断力と行動力に影響を及ぼします。酔っているとき、非合理的にまたは攻撃的に行動することがあるかもしれません。記憶喪失は、飲酒中や長期にわたって大量に酒を飲む人にとって問題となるものです。

心臓

長期にわたる飲酒は、心臓肥大になる可能性があります。肥大した心臓は完全に元に戻すことができない深刻な状態ですが、禁酒すればさらに悪化するのを防ぐことができます。

免疫系

通常の飲酒でも、免疫システムに影響を与えることがあります。このため、飲酒量が多い人はより多くの感染症にかかる可能性が高まります。

関連記事一覧