健康について〜健康とは心と身体の状態〜

症状

自分自身に投資するメリット

自分の人生に責任を持ち、自分が選択したことに満足する
活力を得ることで、安心感を感じる
身体的健康を改善する
肯定的に考えるようになると、人生の楽しみがより多く見つかるようになる
家族や友人のためのライフモデルを実現しよう
ライフスタイルの改善は常に「進行中」であり、持続するには時間がかかります
日々の生活に簡単に取り入れることができる小さな目標を設定してください。
ウェルネスとフィットネスには、活動的であること、健康的な食事をすること、幸福感を向上させること、これらを特別に意識することを含みます。 これは自身の人生で最も重要な投資です。 思いやりのある健康的な時間を意識してもつことで、これからの人生のあらゆる場面に関わる最高の健康を育んでください。
・ストレスを感じさせない
私たちは皆、ストレスを感じます。 ストレスにどのように反応するかが、自身への影響を決定します。 できるときにはストレスを避けるための方策を講じ、できないときにはそれを管理してください。
・自己のケアをする
自分自身の健康と幸福のために何を選択するかが重要です。 自分のケアをするよりも重要なものはありません。 自分のために毎日時間を取ってください。よりアクティブになり、趣味を楽しみ、家族や友人と時間を共有しましょう。
プライベートな生活と仕事のバランスをとるように努める
人生における大切な人間関係のための時間を作る
他人からの支援が必要なときはいつでも助けを求める
運動やリラクゼーションなど、ストレスを和らげる方法と技術を見つける
趣味や活動などで、新しいことを試すよう心がける
方法とアドバイスを医師に相談する
・家族の問題
親は最も重要なモデルです。 活動的でバランスのとれた生活や健康的な食生活をして、親としての手本を見せる
親の健康的なライフスタイルには、子供の存在も含まれることを知らせる。 健康的な人生に変えるため、家族には何ができるのかたずねる
年齢を問わず、遊び時間は健康的な生活の一部です。 楽しむために、またお互いに仲良くなるために時間をかける
ポジティブな態度をとってください。 子どもに、健康的なライフスタイルを目指し変化していくことがどれだけ素晴らしいかを感じさせる
それを家族の問題にする方法
・スマートで健康的な食事
手作りの食事をもっとする。 これは、健康的な食事を奨励し、さらに家族の時間を促進するのに役立つ
子どもが何を食べるかの計画を手伝う。 子供は食事や軽食を作るのが大好きです
子どもたちの食生活を助けるために健康的な軽食を手元に置いておく。 より多くの新鮮な果物、野菜、全粒粉、そして少な目のチップとお菓子を用意する
子どもが退屈しているとき、悲しいとき、怒っているときではなく、空腹時に食べさせる。 子どもに、満腹感を得た時を判断する能力をつける
1日の始まりに役立つ朝食。 活発なライフスタイルのための燃料を提供し、より速くより明確に思考するエネルギーを得る
食べ物につける「はし、フォーク」。 噛んでいる間ははしやフォークを置き、家族の時間をもつようにする
・家族で遊ぶ
テレビ、コンピュータ、ビデオゲームなどに向かう時間を制限する。 読書、ボードゲーム、外で遊ぶなどを提案する
屋外で楽しむ。 公園に行ったり、自転車に乗ったり、泳いだり、近隣の散歩を楽しむ
自己コントロール力や、技能、自信をつける方法としてスポーツへの参加をすすめる
自分自身が自分の専門家になる
・食べるための実際の方策
バランス 。 栄養と食べる喜びのため、自身で食べるもののバランスを取る
バラエティさ。 フルーツと野菜、タンパク質、低脂肪乳製品、全粒粉などの主要な食品群を念頭におきながら、あらゆる種類の食品を楽しむ
ほどほどに。 食後の満腹感ではなく快適感に焦点を合わせる。 栄養価の低い食品を選ぶときは、控えめにする
自分自身の食生活のパターンを理解し、シンプルで健康的に変える方法を見つけるために、「食べ物と過ごし方」などに関する記事や書籍を活用してください。 実際に始める方法については、医師に相談してください。
急速な減量のために人気のあるダイエットに向かうことがあります。
しかし、健康的なライフスタイルを持続させるためには、食事のためのいくつかの簡単なポイントがあります。
すべての食品が適合します…
ダイエットは通常、何を食べるべきか、何を食べてはならないのかがあります。 しかし、まずあなたが食事をする理由を理解することに焦点を合わせてみましょう。
いつ食事したくなるか自問する。いま本当に空腹だろうか? 気分(ストレス、退屈、怒り)の影響ではないか? 衝動気分を引き起こす何か他の原因はないだろうか?
ダイエットの “ルール”に従おうのではなく 、自分のために最善の選択をする
差別される食べ物はない。 バランス、多様性、適合性などを考えれば、食事をダイエット面からの良し悪しで判断するべきではない
最善の選択をし、自分にとって効果的な方策を作るために、 医師に相談する
・本当に空腹だろうか?
空腹は栄養を必要とするとき、体に信号を送ります。 食べる必要があるときにどれくらい食べるべきかを空腹が導くことができます。
・本当の空腹の信号
胃の中の空腹の動き、痛み、うなり声
エネルギーの減退または損失
わずかな頭痛や集中力の低下
苛立ちや気まぐれ
・偽りの空腹の信号
渇きにより、あなたが空腹だと思うことがある。水を飲んでみること
欲求や衝動は必ずしも空腹からくるとは限らない
怒り、悲しみ、孤独感などの感情は、食べる衝動を引き起こす
会食や社会的なイベントのような外からのきっかけで食べる衝動が生まれるかもしれない
・本能を自分のガイドにしましょう
空腹の信号を聞くために再確認し、いつ食べるのか、どのくらいの食物が自身に正しいかを判断する
自分の気持ちに注意を払い、注意深く食事時期や内容を決定する
食事の内容、タイミング、量を制限するための食事の「ルール」は決めない。 代わりに、食べ物が必要なときは自分の体が教えてくれることを信じる
・空腹になった時、何をするか?
いま空腹で、食べることを決めたら、以下の簡単な質問について考えてみましょう。
何がほしいのだろうか? 空腹になると、何か食べ物、風味、食感が心に浮かんでくるかもしれない。 本当の空腹の信号がある時に、どんなタイプの食べ物や味が自分を満足させるかが分かる
何が必要だろうか? 食べるものを決めるときに、あなたの体に必要なものを考える。 「良い」または「悪い」ではなく、健康で楽しめる食品を考える。バランス、多様性、適度に食べることを覚えておく
何を持っているだろうか? 空腹の信号を感じた場合のいくつかの選択を学ぶにつれて、様々な食べ物を用意しておくことを計画できる。 満足のいく、健康的な食べ物を楽しむことができる
どれくらい必要だろうか? 空腹を満たすために十分食べ、食べ過ぎる前に食べることをやめること。 皿を空にする必要はない。 目標は、食べた後の元気さと快適さを感じること
動く喜びを探す
毎日動く
活発な毎日は健康的な生活習慣の鍵であり、心臓病や糖尿病などの慢性疾患を予防します。 活動レベルを上げる前に、必ず医師に相談してください。
・エネルギーバランスを観察する。
体重は、取り入れるエネルギー(飲食するもの)と使用するエネルギー(身体活動)のバランスによって決まります。
すべてのステップが重要です。
研究では、ライフスタイルを変えていこうとする、すべてのステップが体重を管理し、全体の健康状態を改善するのに役立つことといわれています。 歩数計を使って歩数を記録して、日々の活動を徐々に増やすことをお勧めします。 1日あたりの歩数が増えるほど良い結果が得られます。
ポジティブなモチベーションを維持する
変えることは決して容易ではありません。 しかし、少しの計画と忍耐と積極的な態度で、ライフスタイルは、毎日少しずつ健康になっていきます。
いくつかのアイデア
楽しめるものを選ぶ。 多くの人がウォーキングを好む。屋外で、ウォーキングマシンで、自宅で、独りで、または友人や家族と歩くことができる
楽しいものにする。 ウォーキングしたり、ジョギングしたりしている間、テープで音楽や本を聴いたりテレビやビデオを見る
興味を持つ。 テニス、水泳、ダンス、サイクリング、チームスポーツ、ヨガなど、さまざまなアクティビティを試してみる
スケジュール帳に書きとめる。 他の重要な予定と同じように、活動時間をスケジュールに組みこむ
自分自身を信じる。 短期目標を設定し、途中で自分のために報酬(ごほうび)を計画する
柔軟性を保つ。 人生は時には計画したとおりにならないもの。 柔軟性を保ち、すぐに軌道修正する
毎日アクティブでいる方法

庭仕事
車を洗う
メールボックスまで歩く
隣人を訪ねる
テレビをオフにして、音楽をオンにしてダンスする
職場
歩くか自転車で通勤する
デスクでストレッチする
階段を使う
昼食を取って散歩する
立ち上がり、しばしば動き回る
遊び
子どもと一緒にミニゴルフをしたり、遊具で遊ぶ
「活発な」休暇を取る
ハイキングに行き、自転車に乗る
一人で、または友達と散歩する
特別なイベントを楽しむ
旅行やパーティーのような特別なイベントは、活動的で健康的なライフスタイルに改善中の人々にとって障害と感じることがあります。
この特別な機会を、新しいスキルを練習するチャンスと考える
空腹を満たし、体に燃料を供給する食品を選ぶ
バランス、多様性、適度であることを覚えておく
空腹になったら食べて、満腹になり過ぎる前に止める
できるだけアクティブでいる。 たとえば、ダンスしたり、夕食後に散歩したりする
楽しい時間を過ごす
継続のためのヒント
仕事や遊びのために旅行するとき
食事に責任を持てるように、車や飛行機の移動中に健康的な軽食をパックし持ち込む。
外食や新しい食べ物を試してみる時は、食べ物の選択に注意する
歩数計を身に着けて、アクティブでいられるようにする
利用可能な場合は、ホテルのフィットネスルームまたはプールを利用する。 階段を使うことを忘れない
ウォーキングルート、ウォーキングツアー、近くのハイキングコース、公園について聞いてみる
特別イベント(パーティー、休日)
特別なイベントや新しい経験のために多少習慣を変更しても大丈夫。 エネルギーバランスを保つことだけを考えていよう
イベントの理由を覚えておく。適度に楽しむために落ち着いてその場の雰囲気、仲間、食べ物を味わう
空腹の信号に注意を払う。 節度を持って食べる 。 後で食べすぎたと感じて、素晴らしい食事を台無しにする必要はない
立ち上がってダンスし、初対面の人に会いに行き、友達や家族と話をする

関連記事一覧