子宮内膜症

症状

子宮内膜症とは

子宮内膜症は、子宮の内膜の問題です。子宮内膜は子宮内膜組織と呼ばれ、通常は毎月の月経における出血時で内膜が剥がれ落ちていきます。
子宮内膜組織は、通常、子宮内にのみ存在します。しかし組織が卵管を通って、卵巣、骨盤、膀胱または他の体の部分に増殖することがあります。この組織は月経時に、子宮の内膜と同じように腫れて出血します。これは痛みを伴うことが多く、瘢痕(ルビ)組織が骨盤領域に形成されることがあります。

症状

子宮内膜症を見つける簡単な方法はありません。性行為中や、月経の始まりの頃に重度のけいれんや痛みがある場合、または腰痛や直腸痛がある場合は子宮内膜症があるかもしれません。この種の痛みがあっても、子宮内膜症が原因であるかどうか医師は断定しません。他の原因でもこのような痛みを引き起こす可能性があるからです。

診断と検査方法

医師は症状を聞き、理学的検査を行います。子宮内膜症であるかを確かめる唯一の方法は、腹腔鏡検査です。これは腹部にごく小さな切開をして、内側に細いチューブを入れ、子宮の中を見る方法です。腹腔用の小さなカメラを使用することもあります。これらの検査は、薬により痛みを感じることはありません。

治療方法

多くの薬で痛みが和らぎます。アセトアミノフェン(商品名の一つとして:タイレノール)やイブプロフェン(商品名:アドビル、モトリン)などの市販薬もあります。
場合によっては、ホルモンを調節するために、避妊薬のピルが処方される場合があります。もう一つの薬は、長時間作用するプロゲスチン(注射で投与されるホルモンで、避妊薬でもある)です。
他の医薬品は、ダナゾールまたはGnRH類似体と呼ばれる毎月のホルモン注射です。ダナゾールとGnRHアナログは月経を止めます。こうした医薬品は、女性の閉経期にみられる副作用を引き起こす可能性があります。副作用には、体のほてりや膣の乾燥があります。ダナゾールは、にきびと顔の発毛を引き起こす可能性があります。毎日エストロゲン薬を服用することで、GnRH類似体の副作用が消えることもあります。
エキセメスタンおよびレトロゾールなどのアロマターゼ阻害剤は、子宮内膜症の新しい治療法です。この治療法はまだ実験段階ですがいずれ実用化されると考えられています。

避妊薬、ダナゾールおよびGnRH類似体は、6〜9ヶ月間服用され、、痛みは緩和されます。しかし薬の服用をやめると、痛みが戻ってくるかもしれません。

手術で治療する方法もあります。腹腔鏡検査中に該当する内膜を除去する場合もありますし、より重症の場合は、子宮摘出を勧められる場合もあります。この場合は同時に卵巣も摘出されることがあります。
多くの女性の場合、子宮内膜症は閉経時にはなくなります。

合併症について

いくつかの研究では、子宮内膜症が卵巣がんになるリスクが高いことを発表しています。また、子宮内膜症により妊娠するのが難しくなる場合があります。

妊娠について

子宮内膜症の女性の中には、妊娠するのが難しい人がいます。妊娠を望む場合は、手術やその他の不妊治療が必要な場合もあります。子宮内膜症は、年を重ねるにつれて悪化する可能性があるため、妊娠する可能性は時間とともに低下します。
子宮内膜症を治療するために処方薬を服用している間は、リスクを考慮して妊娠しないことが重要です。医師の助言を受けてください。

医師に質問すべき事項

子宮内膜症が骨盤痛の原因かもしれないと思われますか?
診断用腹腔鏡検査が必要ですか?この検査のリスクはには何ですか?
腹腔鏡検査の結果は何を示していますか?子宮内膜症はありますか?瘢痕(ルビ)組織はありますか?
選択できる治療法は何ですか?避妊薬や他のタイプの薬を服用すべきですか?
妊娠しようとしています。子宮内膜症は妊娠能力にどのような影響を及ぼしますか?
妊娠の可能性を改善するために何ができますか?

関連記事一覧