中毒の要因や影響についての基礎知識

治療方法

中毒症状について

中毒症状を患っていても、孤独に思う必要はありません。Action on Addiction というチャリティによれば、三人に一人は何かしらに依存しているようです。
中毒とは、何かをすることに対して自制心が機能していない、また、自身に害がある程度まで何かをしている、利用している状態のことを指します。
中毒は一般的にギャンブル、薬物、アルコール、ニコチンと関連付けられていますが、ひとはどんなものでも中毒に陥る可能性はあります。以下はその例です。
・仕事中毒
仕事中毒者は自身の仕事に取りつかれており、その程度は、肉体的な疲労・苦痛を味わうほどのものです。もし人間関係、家族や私生活が蔑ろにされていたり、休暇をとらないのであれば、それは仕事中毒の可能性があります。
・インターネット依存症
コンピュータや携帯電話の普及が進むと同時に、パソコンやインターネット依存も増大しました。ひとは昼夜を問わず、何時間にも及ぶネットサーフィングやゲームに明け暮れ、生活のそのほかの側面を顧みないのです。
・溶剤濫用
揮発性物質中毒というのは、糊、エアゾール、ガソリンや軽油を吸入して酔いを得ようとしている状態のことです。溶剤濫用は致命的な結果を伴う場合もあります。
・買い物中毒
欲しくもないものを購入したり、機嫌のために買い物をしたときはこの中毒を意味します。購入後は即座に罪悪感、羞恥心を感じたり、自暴自棄になったりします。

中毒の要因

中毒がはじまる要因には様々なものがあります。薬物、アルコールやニコチンに至っては、これらの物質が人の肉体的、精神的な感覚に働きかけます。このような感覚は時に快楽をもたらし、人は再度その感覚を得たいという強い衝動に駆られることになります。
ギャンブルは、勝った際にこれと類似した精神的な「興奮状態」を人の中に作り出し、もう一度勝つ事によってその感覚を再度味わいたいという強い衝動が後続します。これは後に、離脱することが困難な習慣へと発展しかねません。
何かに依存している状態というのは、それが欠乏している状態に離脱症状または「切れた状態」が発生することを意味します。これは不快であるため、欲しているものを手に取り続けるほうが楽であり、そのサイクルが終わらないのです。
多くの場合、中毒は手に負えなくなります。というのも、欲望を満たし「興奮状態」を達成するためにより多くが必要とされるようになるからです。

中毒の影響

中毒と付き合うことの重圧は仕事や人間関係に著しい打撃を与えかねません。物質依存(例えば薬物やアルコール)の場合、中毒は肉体と精神に深刻な影響を与えます。
中毒が遺伝性だと主張する研究もありますが、中毒者が周囲にたくさんいる、といった環境要因もリスクを高めるもののひとつであると考えられています。
中毒は、困難な問題から目を背けたり、それを忘れたりするための方法になり得ます。失業状態や貧困は中毒を引き起こし、ストレスや感情的、職業的な圧迫をも生み出します。

助けを求める

中毒は治療可能な症状です。どんな中毒に対してであれ、ありとあらゆる助けを得ることができます。家庭医や主治医の診断を受けてアドバイスを受けることもできますし、中毒者支援の専門機関に問い合わせることもできます。

関連記事一覧