「私は禁煙できるでしょうか?」チェック

その他

あなたは禁煙をどう考えていますか?

以下の文章のうち、禁煙に関してあなたの考えを最もよく表しているものの横にチェックマークを記入してください。
____私は喫煙が好きで、禁煙するつもりはありません
____私は喫煙がとても好きですが、禁煙したいです
____私は今禁煙をする準備ができています
あなたが「私は喫煙が好きで、禁煙するつもりはありません」と答えたなら、他の多くの人が喫煙をやめた理由を考えてみてください。 禁煙があなたの健康を改善するのに役立つかもしれません。 呼吸器系や心臓に問題がありますか?高血圧ですか? あなたの家族の中には癌の方が多いですか? 喫煙をやめると、これらの問題が発生する可能性が低くなります。
あなたが「私は喫煙がとても好きですが、禁煙したいです」と答えたなら、あなたは、ほとんどの喫煙者と同じです。 喫煙をやめた後にどんなメリットがあるか考えてみてください。
禁煙しなければならない理由が多いほど、禁煙計画に従う可能性が高くなります。もしあなたが、「私は今禁煙をする準備ができています」と答えたなら、医師はあなたの成功を支援したいと願っています。 以下は、なぜあなたが喫煙するのかを理解するのに役立ついくつかの提案です。 なぜあなたが喫煙しているか知っていれば、効果的な禁煙計画を立てることができます。

・健康になります。 どのように? ____________________________________________
お金を節約できます。 いくら? _____________________
家と車が清潔になります。
なぜこれが大事でしょうか? ____________________________________________
家族や友人は喜ぶでしょう。
どうして? ____________________________________________
気分が良くなるでしょう。
どのように? ____________________________________________
その他の理由:____________________________________________

あなたの喫煙トリガーは何ですか?

まず、タバコがとても欲しくなる時をリストにしてみましょう。 これらはあなたの喫煙 “トリガー”です。トリガーとは、タバコを吸うというあなたの欲求を引き起こす出来事です。 「タバコが欲しくなるのは…」という文章に以下が続きます。
だれかが喫煙しているのを見たとき
喫煙している家族や友人と時間を過ごすとき
灰皿にタバコが置かれているのを見たとき
家を掃除しているとき
電話が鳴ったとき
リラックスしているとき
コーヒーを飲むとき
アルコールを飲むとき
食事中または食後
車を運転しているとき
仕事が終わったとき
テレビを見ているとき
当てはまるトリガーごとに、喫煙する可能性を下げるものを考えてください。 たとえば、食事の後に喫煙する代わりに、すぐに歯をみがくなど。

あなたは不快な気持ちを和らげるためにたばこを吸いますか?

喫煙者はたばこを吸って、不快な気持ちに対処します。 自分がこのようなことをするか振り返って考えてみてください。 あなたは次のような感情を感じたときにタバコを吸っているかもしれません。
腹が立つ
不当に扱われた
がっかりした
傷ついた
憤慨した
恐ろしい
恥ずかしい
挫折した
寂しい
きまりが悪い
ほったらかしにされた
憂鬱
罪悪感
不安またはストレス
自己憐憫
退屈
虐待された
心配

あなたがストレスや困難な状況に対処するためにタバコを吸っていることがわかった場合は、喫煙以外の方法でその状況を乗り越えましょう。 深呼吸、リラクゼーション・エクササイズ、誘導イメージ療法は、多くの喫煙者が禁煙するのを助けました。 これらの方法の詳細については、医師に相談してください。

関連記事一覧