職場におけるストレスの対処について

治療方法

ストレス症状について

仕事におけるある程度のプレッシャーは、やる気を後押しするものであり得ますが、限度を超えた場合は最終的に仕事絡みのストレスに発展します。
Health and Safety Executive (HSE) によれば、ストレスは「人が過度のプレッシャーや期待、要求に逆らおうとする反応」であるそうです。
ストレス症状には、激しい鼓動や動悸、口の渇き、頭痛、疼きや痛み、食欲消失、性欲喪失などが該当します。

仕事絡みのストレスを引き起こすもの

仕事関連のストレスの原因として挙げられる主要なものには、仕事のプレッシャー、経営者のサポート不足、仕事における暴力やいじめ、などが含まれます。
ストレスの対処法次第では健康状態に害が及びます。喫煙・過度の飲酒などはその例で、これらは心臓病のリスクを増大させます。

ストレスの対処法

健康的であるためには、上手くストレスに対処することが不可欠です。
ライフコーチのスージー・グリーヴズは、仕事関連のストレスに対処するスキルの一つは、拒否の意思を表明できるようになることであるといいます。
「残業するほかは無いのだ、と主張する依頼人達に対し、私は常に異議を唱えています。」と彼女は言います。「状況はコントロールすることができて、選択が出来るのだ、ということを信じてもらえうよう教えるのが私の仕事です。」
はいと答える(抵抗しない)ことで短期的には信用を勝ち得ることが出来るものの、背負い込みすぎで最終的に実行できないのであれば、それは悲惨な長期戦略だ、と彼女は説明しています。
「正しい判断だ、と思うのであれば、自信を持って拒否しなさい。たとえそれがあまり好ましい答えではないと感じられるのだとしても。」彼女は言います。「将来的には、いいえと答える力が最も価値ある特性の一つとなるのです。」

意向を伝える

グリーヴズは、自分がどれだけの仕事をこなせるかということを知ることによって疲弊せずに済むといいます。多くを背負い込みすぎると、結局一つとしてまともに処理できない、ということになりかねません。
今抱えている仕事を処理するのにどれだけの時間を要するかを計って、どの程度の余裕があるのかを調べてみましょう。
「圧倒的な忙しさにも関わらず、上司がもっとやれと言うのなら、拒否していいのです。的確かつ客観的にその理由を述べましょう。但し、代替案を提示することを忘れてはなりません。」

ストレスの兆候に気づく

深刻な病気に発展してしまう前に、ストレスによる身体の変化に気づき、対処できるようになりましょう。仕事絡みのストレスが生活の仕事面以外に溢れ出ていないか、注意しましょう。
ストレスの源泉が何であれ、経営者や組織の人間などで快く話せる相手に相談しましょう。或いは、外部の支援を得ましょう。
仮に問題が仕事にはなかったとしても、私生活でストレス問題を解決しながら、会社として何らかのサポートをしてもらったり、負担をいくらか減らしてもらう、といったことは可能なのです。

関連記事一覧