5つの実践的な手順で禁煙しましょう

治療方法

かかりつけ医に相談する

多くの人は、自分のかかりつけ医が禁煙の手助けをしてくれることに気づいていません。医師は禁煙のための診療所に登録したり、パッチやガムなどのニコチン補充療法、もしくは禁煙補助薬を処方したりすることができます。

地域の禁煙サービスに参加する

地域の禁煙サービスの助けを借りると、禁煙に成功する可能性が最大で4倍も高くなることをご存知ですか?

訓練を受けた禁煙アドバイザーによるサービスは、全国で利用可能です。必要に応じて、週に1回、または1対1のサポートを受けるグループに参加することができます。多くの場合数週間通い、やめられるまで活動します。

オンラインサポートを探す

禁煙をサポートするためのウェブサイトは、根拠に基づいたサポートを提供できるようになっています。それはすべて無料で利用でき、どんな方法でも成功する可能性を高めます。

手元に緊急連絡先を持つ

地域の禁煙サービスや国内の悩み相談の連絡先を手元に置いておきましょう。

相談室のアドバイザーによると、「月曜日から金曜日の午前9時から午後8時までと、土曜日と日曜日の午前11時から午後4時まで、タバコを持っているけど火をつけたくない方からの電話に応答しています。なぜタバコを吸いたいのか、どうすればその気持ちをやり過ごすことができるのかを話しています」とのことです。

ニコチン含有製品の使用を検討する

たばこは中毒性があり、自己管理だけでは完全にやめることは難しいかもしれません。

ニコチン補充療法(NRT)を行うことで、禁煙の成功を高めましょう。これはかかりつけ医や、地域の禁煙サービス、または薬剤師の処方箋で利用できます。

また、電子タバコを試すことも検討できます。電子タバコはリスクがないとは言い切れないものの、タバコよりもはるかに安全で、禁煙に役立つことがあります。

関連記事一覧