健康維持のために行いたい習慣とは

その他

習慣は本当に健康に影響しますか?

はい、非常に影響するといえます。 健常な生活習慣を選択することによって、主要な死因(癌、心臓病、脳卒中、肺疾患および傷害など)の一部を予防することができます。

喫煙しない

喫煙とタバコの使用は非常に危険な習慣です。 喫煙は毎年米国で44万人の死亡を引き起こしています。 予防可能な病気(気腫、口、喉および肺がん、心臓病など)は、何よりもたばこの使用によって引き起こされます。 すぐに辞めるほど良いといえます。

アルコールを飲む量を制限する

男性は1日2杯、女性は1日1杯以上は飲まないようにします。 1杯の飲み物は1缶のビール、120mlのワイン、またはジガー(30ml)の酒量に相当します。 アルコールが多すぎると肝臓に損傷を与え、咽喉癌や肝臓癌などの癌の原因となることがあります。 アルコールはまた、自動車の事件、殺人事件、自殺による死に寄与します。

健康的に食べる

健康的な食事を摂ることには多くの健康上の利点があります。 心臓病、特定の癌、脳卒中、糖尿病、動脈の損傷が、食べるものと関連性があることがあります。 健康的な食生活を選択することで、コレステロールを下げて体重を減らすこともできます。

太りすぎであれば体重を減らしてください

体重が多すぎると、体重を支える関節(脊柱、腰、膝など)の高血圧、高コレステロール、糖尿病、心臓病、脳卒中、特定の癌、胆嚢疾患および関節炎のリスクが高まります。 食物繊維を多く含む 、低脂肪の食事と定期的な運動は、体重を減らし、維持するのに役立ちます。

運動をする

運動は、心臓病、高血圧、糖尿病、骨粗鬆症およびうつ病を予防するのに役立ちます。 結腸癌、脳卒中、背中の怪我を防ぐのにも役立ちます。 定期的に運動すると気分が良くなり、体重を抑えることができます。 1週間に4〜6回、30〜60分間運動をしてみてください。しかし、運動の量はどのくらいであれ、全くしないよりもしたほうがよいです。

日焼けや日焼けブースの使用をしない

日光曝露は、皮膚癌に関連性があります。 日光露出を制限し、外出しているときは保護服や帽子を着用するのが最善です。 日焼け止めも非常に重要です。 肌を保護し、皮膚癌を防ぐのに役立ちます。 露出した皮膚(顔や手など)に日焼け止めを1年中使用するようにしてください。 少なくともSPF 15とUVAとUVBの両方の光を遮る広スペクトルの日焼け止めを選んでください。

安全なセックスを心がける

最も安全なセックスは、そのパートナーとしかセックスせず、性感染症(STI)を持たず、薬の注射針を共有していない2人の間のセックスです。ラテックスコンドームと殺精子剤(精子を殺す製品)クリームを使用してください。 STIの検査を受ける年齢については、医師に相談してください。

予防接種を最新のもので行う

成人は10年ごとに破傷風追加接種を必要とします。 医師は、Td追加接種を百日咳(百日咳)から保護するTdap追加接種で置き換えることもできます。 妊娠していて、過去にTdap接種をしていない場合は、妊娠の第3妊娠期中または第2妊娠期の後期に予防接種を受けるべきです。 12カ月未満の乳児と密接に接している大人と十代の若者たちで、過去にTdap接種を受けていない人も予防接種を受けなければなりません。
大人も毎年インフルエンザの予防接種を受けるべきです。 他の注射やワクチンが必要な場合は医師に相談してください。

胸の健康のための時間をとる

乳がんは、女性にとって最も一般的な死亡原因の1つです。 50歳から74歳までの間に、乳がんのスクリーニングには2年ごとにマンモグラフィーを撮影する必要があります。 乳がんの家族歴など、乳がんのリスク要因を持つ女性は、より頻繁に乳房X線撮影を受ける必要があるか、または早期に乳がん検査を開始する必要があります。

定期的に子宮頸部細胞診を受けてください

医師がもっと頻繁に必要とすることを示唆しない限り、子宮頸部細胞診を以下の頻度で受けるべきです。
21歳から65歳までは3年ごと
30歳から65歳の者で子宮頸部細胞診を少なくしたい場合は、5年ごとに子宮頸部細胞診とヒトパピロマウイルス(HPV)検査を組み合わせることを医師に相談してください
ある種の事柄は、子宮頸がんのリスクを高くするか低くします。 子宮頸部細胞診がどのくらいの頻度で必要かを推薦する際に、医師はこれらを考慮します。
65歳以上の場合は、子宮頸部細胞診が必要な頻度について医師に相談してください。 定期的に子宮頸部細胞診を受けていて、結果が正常値であった場合、検査を続ける必要はないかもしれません。
子宮摘出術で子宮を摘出した場合は、子宮頸部細胞診がどのくらいの頻度で必要か、医師に相談してください。
高悪性度の前癌病変や子宮頸がんを経験したことがない人は、子宮頸部細胞診がどのくらい必要なのか医師にご相談ください。

他のがん検診について医師に相談する

成人は、50歳になったら結腸直腸癌を検査するべきか医師に尋ねるべきです。リスクファクターや家族の病歴に応じ、医師は他の種類のがんを確認することができます。

毎年健診を受けるべきですか?

健康スクリーニングは、毎年の健診に取って代わるものです。 すべての人が同じ検査を受けるのではなく、適切なものだけが行われます。 危険因子及び合った検査方法について、かかりつけ医に相談してください。

関連記事一覧