鼓腸を改善するために知っておきたいこと

お腹

鼓腸について

ガスの原因となる炭酸飲料や食べ物をやめることによって、鼓腸を改善してください。 座って食事をし、定期的に運動をしてください。
大部分の人が鼓腸を経験したことがあります。お腹が張り、ふくらみ、不快な感じがします。それは、連休やホリデーシーズン後によく起こりますが、もっと頻繁に鼓腸になる人もいます。
もし頻繁に胃やお腹が膨れている感じがする場合、以下のことが原因です。
・過度のガス
・便秘
・空気を飲み込む(食べながら話すなどによって)
・セリアック病
・食物不耐性
・過敏性腸症候群

過度のガスと鼓腸

ガスや鼓腸の原因となる以下の食品は、食べないようにします。
・豆
・玉ねぎ
・ブロッコリー
・キャベツ
・スプラウト
・カリフラワー
しかし、1日に果物と野菜5皿分は必ず食べるようにしてください。

便秘と鼓腸

便秘になったら、繊維が豊富な食事をとり、水分をしっかり摂取して、定期的な運動をするなどの処置をしてください。20-30分のウォーキングを週に4回するだけでも、腸機能を改善することができます。

空気を飲み込むことと鼓腸

あまり空気を飲み込まないようにしてください。食べながら話さないでください。座って食べてください。(姿勢よく、前かがみにならないように座ります)。炭酸飲料の摂取量を減らしてください。ガムを噛むのをやめてください。余分な空気が入らないように、口を閉じて噛むようにしてください。

食物不耐容と鼓腸

食物不耐性は、次の場合に鼓腸を引き起こすことがあります。
・腸がきちんと空にならない
・食物がガスを閉じ込める
・あまりにも多くのガスが食品への反応として生成される
主要な犯人は、小麦、グルテン、乳製品です。食物不耐性がある場合の最善のアプローチは、原因となる食べ物の量を減らすか、完全に食べなくすることです。
数週間、食べ物の日記をつけて、食べたり飲んだりしたものすべてと、もっとも鼓腸に悩んだのはいつかを書いてください。しかし、かかりつけ医のアドバイスを受けることなく、長期的にある食品群を摂取しないようにしてはいけません。

セリアック病と鼓腸

セリアック病は、小麦、大麦、ライ麦に含まれるグルテンを腸が吸収できない一般的な消化器疾患です。
鼓腸は別として、セリアック病に罹患している場合は、グルテンを含む食品を食べると、下痢、腹痛、疲労を引き起こすこともあります。
セリアック病が疑われる場合は、かかりつけ医のところで血液検査を受けてください。
セリアック病の治療法はありませんが、いったん症状が診断されると、グルテンフリーの食事療法に切り替えることが役立ちます。

過敏性腸症候群および鼓腸

過敏性腸症候群の人は、特に夕方に膨満感を訴えることが多いです。
IBS(過敏性腸症候群)の鼓腸は過剰なガスとは関連がないようです。それは腸から分泌される物質が関連すると考えられています。

医者の診断を受けるべきとき

鼓腸が持続する場合は、より深刻な状態にならないようにするためにかかりつけ医に相談してください。鼓腸と長期にわたる膨満感は、卵巣がんの重要な症状です。

関連記事一覧