大麻(マリファナ)に関するさまざまなリスクについて

その他

大麻によってどんな気分になるのでしょうか?

大麻の効果は人によって異なります。
・冷静になり、リラックスし、幸せな気分になる人もいます
・くすくす笑いおしゃべりになる人もいます
・一般的に空腹に耐えられなくなります
・色が強烈に見えたり、音楽が大きく聞こえるなど、感覚が敏感になるかもしれません
・一般的に時間が過ぎるのが遅く感じます

大麻には他の効果もあります。
・めまいを起こしたり、気分が悪くなる人もいます
・眠気と倦怠感を感じさせることがあります
・記憶力に影響を与え、物事を覚えにくくなることがあります
・混乱したり、不安になったり、妄想を起こす人や、パニック発作や幻覚を経験する人もいます。これらの影響は、スカンクやシンセミラのようなより強力な形の大麻で一般的です
大麻を定期的に使用すると、教育や仕事など生活の中で起こっている他の事柄に脱力感を感じ、無関心になります。長期的な使用は、学習能力や集中力に影響を与える可能性があります。

大麻中毒になることはありますか?

過去、大麻は中毒性があるとは考えられていませんでした。しかし、研究で中毒性があることが示され、かなり長い間定期的に使用している場合は特に中毒性があります。通常の大麻使用者の約10%が依存症になると考えられています。
コカインやヘロインなどの他の中毒性薬物と同様に、大麻に対する耐性ができます。これは、同じ効果を得るために使用量をどんどん増やさなければならないということを意味します。大麻をやめると、渇望、睡眠障害、気分の浮き沈み、苛立ちや落ち着かないなどの禁断症状を経験することがあります。
タバコで定期的に大麻を吸引すると、ニコチン中毒になる可能性が高くなり、ガンや冠状動脈性心疾患などのタバコ関連疾患が発症するかもしれません。タバコを減らしたりやめたりすると、大麻だけでなく、ニコチンの禁断症状も起こるでしょう。

大麻に関連するリスク

大麻の使用による健康上のリスクをよりよく理解するのに、最近の研究は役立っています。以下のことがわかっています。
・大麻は運転能力に影響を与えます。これは、飲酒運転のように薬物運転が違法である理由の1つです。フランスの調査では、大麻を使用している運転手は命に関わる自動車事故を起こす可能性が2倍以上であることが判明しました。
・大麻を吸うと、肺に害を与える可能性があります。タバコのように、それは肺癌のリスクを高める癌を引き起こす化学物質(発癌物質)を含んでいます。また、喘息を悪化させ、喘息のない人に喘鳴を引き起こす可能性があります。大麻とタバコを混ぜて吸引すると、肺へのリスクが高くなります。
・大麻は精神的健康を害することがあります。通常の使用は、統合失調症などの精神病を発症するリスクの増加と関連しています。精神病は、幻覚(実際には存在しないものを見る)と妄想(真実でないものを信じる)を経験する病気です。十代で大麻を使用し始めた場合や家系に精神病の人がいる場合、精神病を発症するリスクは高くなります。大麻使用は、統合失調症の人の再発のリスクを増加させたり、既存の症状を悪化させる可能性があるということも示されています。
・大麻は生殖能力に影響するかもしれません。動物で行われた研究では、大麻が男性の精子生産と女性の排卵に支障をきたす可能性があると示唆されています。
・妊娠している場合、大麻は胎児を傷つける可能性があります。研究では、妊娠中に大麻を使用すると、赤ちゃんの脳の発達に影響を与える可能性があると示唆されています。タバコで大麻を定期的に吸引することは、未熟児や早産のリスクが高くなることと関連しています。

年齢はリスクに影響しますか?

精神病発症のリスクも含めて、大麻の使用に関連するリスクは、若い頃から定期的に大麻を使用する人ほど高くなるようです。
なぜ若いときに大麻を使い始めた人の方がリスクが高くなるのかは明らかではありません。 若いうちは脳がまだ作られている段階で、大麻がこの過程を妨害しているという事実に関連しているかもしれません。

大麻には薬効がありますか?

ハーブ大麻(マリファナ)には、カンナビノイドと呼ばれる多くの効果の異なる化合物が含まれています。これらの2種のカンナビノイド、すなわちテトラヒドロカンナビノール(THC)およびカンナビジオール(CBD)は、サティベックスと呼ばれる処方薬の有効成分です。現在のところ、これは多発性硬化症における筋痙攣の痛みを和らげる治療法として英国でのみ認可されています。
緑内障、エイズ患者の食欲喪失、小児のてんかんおよび癌に関連する痛みを含む広範囲の症状に対する大麻ベースの薬物の有効性を調べるために、さらなる研究が進められています。治験が終了するまでは、これらの治療が有効かどうかわかりません。

大麻使用は他の薬物使用につながるでしょうか?

ヘロインのようなより強い薬物を使用する人の大部分は大麻を使用したことがありますが、大麻使用者で強い薬物に手を出すのはほんの一部です。しかし、大麻を買うことで、違法薬物とのつながりが生まれ、他の薬に触れる可能性が高まります。

関連記事一覧