避妊に関するガイド

その他

「避妊具はどこで入手できますか?」 「どの避妊方法が私に合っていますか?」 「16歳未満ですが、避妊はできますか?」
避妊具の入手と使用に関する質問があれば、このガイドを参考にしてください。 10代を含む、避妊法の詳細を知りたいすべての人に実践的な情報を提供しようとしています。20代、30代、40代の女性では、現在使っている方法や使用しようとしている方法について質問がある人がいれば参照してください。
英国国民保険サービス(NHS)において利用可能な15の避妊方法と、それを入手する方法、及びあなたにとって最適な方法を決定する方法については、このガイドをご覧ください。

まず、どのように作用するのか、誰が使用できるのか、副作用の可能性など、選択できる避妊方法について知ることから始めることができます。避妊方法は次のとおりです。
キャップ
ピル(経口避妊薬)
コンドーム(女性)
コンドーム(男性)
避妊インプラント
避妊注射
避妊パッチ
ダイアフラム(ペッサリー)
子宮内装置(IUD)
子宮内装置(IUS)
自然家族計画
プロゲストゲンのみのピル
膣リング

避妊には2つの永久的な方法があります。
女性の不妊手術
男性の不妊手術(精管切除)

自分に合った方法を決める

どの方法が最も効果的については、年齢、喫煙しているかどうか、医療歴や家族歴、摂取している薬など、さまざまな要因によって決まります。

避妊や緊急避妊を受けることができる場所

避妊具は英国国民保険サービス(NHS)では無料です。入手可能な場所を調べてみてください。
近くの診療所
近くの性的健康診療所
近くの薬局
緊急避妊薬をどこで入手するかを知ることもできます(「モーニングアフターピル」または「IUD(コイル)」)

関連記事一覧