脂肪腫

症状

脂肪腫とは?

脂肪腫は、良性(悪性のがん性ではない)で、脂肪細胞に由来する、成長の遅い腫瘍です。 皮膚の下にできる塊で、通常丸くて動き、平らで、柔らかくて弾力があります。一般的に脂肪腫は、首、肩、背中、腕などにできます。 脂肪腫は、成人の最も一般的な非がん性腫瘍です。どの年齢でも発生する可能性がありますが、40〜60歳の時にできやすくなります。遺伝する場合もありますし、けがによるものもあります。ほとんどの脂肪腫は、圧迫されたり傷つけたりしない限り痛くありません。

脂肪腫の症状は何ですか?

通常、脂肪腫は長い間にわたり成長しています。2つ以上できることも珍しくありません。身体のどこかにしこりや腫れがある場合は、医師に診てもらう必要があります。深刻な病気の徴候である場合もあるからです。

脂肪腫はどのように診断されますか?

脂肪腫の診断には、通常、検査は必要ありません。医師は通常、それを見て、しこりの硬さを触診で確かめるだけで診断することができます。

脂肪腫はどのように治療されますか?

脂肪腫は、ほとんどの場合良性であるため、通常、治療は必要ありません。 痛みがある場合や、急速に成長している場合は、治療を受けてください。治療には、ステロイド注射、脂肪吸引または脂肪腫を除去するための手術があります。 医師に相談してください。

医師への質問事項

脂肪腫があると、それががんに発展する可能性は高くなりますか?
脂肪腫を予防するためにできることはありますか?
脂肪腫を取り除くには手術が必要ですか?
脂肪腫に関する情報はどこで見つけることができますか?
新たにしこりができたら、医師に診てもらったほうがよいですか?
治療に問題が発生する可能性はありますか?また、治療を始めるまでに起こり得る問題はありますか?

関連記事一覧