思春期の恋愛関係における暴力

治療方法

恋愛関係にあり、それに関して不幸を感じていたり、或いはパートナーによる自身の扱いに恐怖を覚えているときは、それを我慢をする必要はありません。

関係において何が「普通」なのかを見分けることは難しいことかもしれません。お互いに仲良くなり、何が互いにとって満足のいくものなのかを発見するまでには時間がかかることもあります。
確実にいえることは、暴力・虐待は許されないということです。自分の身にこれが起きているのならば、助けやアドバイスを求めてよいのです。
パートナーによる虐待は、年齢、文化や宗教を問わず様々なひとに起こり得ます。男女共に経験する可能性はありますが、女性はよりその危険性が高いといえます。若い同性愛関係にある人もまた、虐待の影響を一層受けやすいです。
虐待を受けた経験のある人を知っているソーシャル・ワーカーのティンク・パーマーは次のように言っています。「誰も、暴力に耐える必要は無いのです。それはどんなタイプの暴力でもそうです。もし自分の身に起きているのなら、親や信頼のおける大人の人、友人など、頼れる人物に話しなさい。心のうちにとどめてはいけません。誰かに伝えなさい。」

恋愛関係における虐待

虐待は、殴る、蹴る、押す、叩く、性行為を強要する等の肉体的暴力が絡みますが、別のタイプの暴力もあるのです。
感情、口頭上の暴力
・人前であるか否か問わず、相手を辱めるような言動を持ち出すこと
・性的なものを含め、不本意なことを強要すること
・どこにいて、誰といるのか、といったことを常に監視すること(例えば、友人と過ごしている相手に電話を何度もかけたりテキストメッセージを大量に送ること)
・相手や相手にとって大切なもの(ペット等)を痛めつけると脅迫すること
一緒にいるときに起こるだけでなく、感情・口頭上の虐待は電話やインターネット上でも起こり得ます。
このような振る舞いは愛とは異質なものです。それは一個人が別の人間によってコントロールされ、その人の思い通りの行動をさせられている状態です。パートナーに感情や言動の面で暴力を振るう人は、その関係の中で後々肉体的暴力に走る可能性があります。
このタイプの支配的な振る舞いは、大きな警告なのです。
このような行動は、仮に周りの者たちが大丈夫だと言おうと、大丈夫なことではありません。関係内の暴力や虐待は異常であり、「軽いおふざけ」でも「仕方が無いこと」でもありません。深刻な事態です。
精神的・肉体的に傷つけられると、自尊心が損なわれ、心配性になって落ち込んだり、気分が悪くなったりします。若い人は虐待を受けると、拒食症、アルコールや薬物依存を患う可能性があります。また、性的暴行による性病罹患や妊娠のリスクもあります。

助けを求める

支配的、或いは暴力的な関係を強いられていて、助けを求めているときは、誰かに伝えることを恐れてはいけません。誰がなんと言おうとそれは自分の責任ではないのです。そして、話さないよりは誰かに伝えるほうが余程良いのです。飲酒しているかどうかや身に着けているものがどんなものか、などということは問題ではないのです。虐待は決して正当化されません。
助けを求めようにも、話すことは容易なことではないです。誰かに、話したいことがあるのだということ、それについて助けが欲しい、或いは起きていることにどう対処すればいいのかわからないのだ、ということを伝えましょう。
相談相手の候補
・大人の良き助言者や、学校におけるお気に入りの教師
・父母やその他の信頼の置ける大人(友人の母など)
・ヘルプラインのアドバイザー
・家庭医、主治医や看護師
・友人
思惑通りの助けやサポートが得られなかったときに、あきらめずに再度試すことを忘れてはなりません。

友人が虐待を受けていると思われるとき

友達が暴力や虐待を経験しているのではないかと思うことがあれば、彼らに話しましょう。「あせってはいけません。批判的になったり判断を押し付けたりしてはいけません。」とパーマーは言う。「間違っていたらどうしよう、などと心配することはありません。正しかった場合のことを心配しなさい。」
話したいことがあるのだということを友人に伝えましょう。心配をしている旨を伝え、何か問題は無いのか、と聞きましょう。彼らの話をきき、誰も虐待を我慢する必要はないのだということを伝えましょう。
もしも友人が痛めつけられているのなら、一緒に医師の診断に付き添う旨を提案しましょう。利用可能なヘルプラインの連絡先などを教えられるようにしておきましょう。
友人は一定期間、困惑したり逆上したりするかもしれませんが、気にかけられているのだということは知ってもらえますし、助けを求めることができるのだということを気づかせてあげた、という可能性もあります。

誰かを虐待している心配がある場合

誰かに対し虐待を行っている、或いはその可能性があるという自覚がある場合は、チャイルドラインやヘルプラインに連絡する、または信頼のおける大人に話しましょう。
「自分の振る舞いが間違っているのだと気づき、理解することが(暴力を)やめることへの初めの一歩です。ですが、やめるにも助けが要るかもしれません。」とパーマーは言う。
虐待的な行動を誘発するもの、例えば過去に起きたことへの気持ち、はとても強いものである可能性があります。「私達は、物事を自らの手で即座に止める、ということをいつでもできるわけではありません。」パーマーは言う。「私達には、助けが必要なのです。だからこそ、誰かに話すことが重要なのです。」

関連記事一覧