アナフィラキシー

症状

アナフィラキシーとは?

アナフィラキシー(anaphylaxis)は、命にかかわることもあるアレルギー症状です。 重度なアレルギー症状を引き起こす原因に接触した直後に始まります。
 腫れ、かゆみなどがみられ、 呼吸困難、胸を締めつける感じ、めまいなどを感じる人もいます。不安を感じる人もいます。また、 胃痙攣、吐き気または下痢、意識を失う(気絶する)人もいます。 アナフィラキシーにかかった人は直ちに医師の診察が必要です。

アナフィラキシーの症状は?

アナフィラキシー症状には、以下のいずれかが見られます。
通常、アレルゲンに接触した直後に現れます(アレルゲンについての詳細は後述)。 
症状は軽度から、場合によっては重度になることがあります。 症状が軽度であっても、かつて重度のアレルギー反応やアナフィラキシー症状を経験したことがある場合は、必ず医師に相談してください。
ジンマシン、発疹、かゆみ肌
青ざめた肌、または赤くて(紅潮した)熱い肌
口や喉、ほかの身体部の腫脹
ゼイゼイヒューヒューと声をだす喘鳴(ルビ)または呼吸困難
胸の締めつけ感
めまい
失神
不安感
吐き気、嘔吐、下痢

アナフィラキシーの原因は?

アナフィラキシーは、アレルギー症状の原因であるアレルゲンに接触(曝される)することによって何度にもわたり発生します。 通常、アレルゲンに曝されると、免疫系は、アレルゲンと戦うための抗体を産生します。 これらの抗体は、通常のアレルギー反応の要因であり、命にかかわるものではありません。 しかし、免疫系がアレルゲンに過剰反応し、非常に重度のアレルギー反応を引き起こすことがあります。これはアナフィラキシーにつながり、非常に危険です。
アレルギーおよびアナフィラキシーにつながる可能性のあるものは以下の通りです。
貝、ナッツ、ピーナッツ、卵、果物などの食品
抗生物質、アスピリン、市販の鎮痛剤(イブプロフェンなど)、アレルギー注射、医療画像検査用の造影剤などの医薬品
手術用手袋、医療用品、日用品に含まれるラテックスまたはゴム
ミツバチ、カリバチ、スズメバチ、ハバチ、ヒアリなどの害虫

どのようにしてアナフィラキシーを予防できますか?

アレルギー反応を防ぐのに役立ついくつかの方法は次のとおりです。
アナフィラキシーのリスクがある場合は、緊急のアナフィラキシーキットを常に携帯する。 家族や友人、周りの人々に使用法を教えておく
アナフィラキシーの場合は、医師と歯科医に知らせ、記録してもらう。 アレルギーの原因がわかれば伝えておく
虫刺されにアレルギーがある場合、外にいるときは防護服を着用し防虫剤を携帯する
アレルギーのある食品の取り扱いや食事は避ける。微量でも食べ物に混入した場合、アレルギー反応を引き起こす可能性がある。 食べようとする加工食品の成分リストを確認する
アナフィラキシーのリスクがあることを救急医療士や医師に知らせる緊急時医療警告ブレスレットや医療識別票(認識票、MEDIC INFOなど)などを着用または携帯する
脱感作注射などの療法を必要とするかどうか医師に相談する。 ミツバチやカリバチによってアナフィラキシーを経験したことがある場合、脱感作の療法は効果的
ほかに起きる可能性のあるアレルギー反応について医師に相談する

重度のアレルギー反応を起こした場合、どうしたらよいですか?

すぐに緊急で救急車をよんでください。
アレルギー発作をおこした人がエピペン(EpiPen エピネフリン注射器、アナフィラキシーを起こす可能性の高い患者が常備している)を持っていた場合、すぐにエピネフリンを注射してください。 救急医療に搬送されるまでの間の補助治療にすることができます。

緊急のアナフィラキシーキットには何が入っていますか?

緊急のアナフィラキシーキットには、アレルギー反応を打ち消す薬が含まれています。 この薬は通称エピペンとよばれ、腕や脚に注射する(または、友人に注射してもらう)エピネフリンと呼ばれる薬です。 医師は、適切な用量の薬を備えたキットを処方し、使用方法を教えます。 家族、友人、同僚にキットの使用方法を知らせておいてください。 医師はジフェンヒドラミン(1つのブランド名:Benadryl)などの抗ヒスタミン薬をキットに入れておくように指示するかもしれません。

アナフィラキシーの治療後に何が起こりますか?

治療で完全に回復するはずです。 ほとんどの人は回復して普通の生活を送ることができます。  しかし、アナフィラキシー後24時間は、別の発作が起こる可能性がありますから、誰かに一緒にいてもらう必要があります。
アナフィラキシーにかかった後は、 再発時のリスクを最小限に抑える準備と、救急時の携帯備品や使用方法を、医師に相談してください。

医師に相談するための質問

アレルギー反応があります。 アナフィラキシーになるリスクがありますか?
アナフィラキシー用の緊急用品には何が必要ですか?
緊急時医療警告ブレスレットなどを着用する必要がありますか?それはどこで入手できますか?
アナフィラキシーが1回起こった場合、再発するリスクが高いですか?
保健医療関係者がアナフィラキシーのリスクについて知っていることを確認するにはどうすればよいですか?

関連記事一覧