歯科医に対する恐怖

その他

4人に1人が歯科医に行くこと恐れていますが、恐怖を克服する方法があります。

歯科医を恐れている理由は人によって異なります。たぶん、治療が痛いと考えていたり、音と匂いで子ども頃のいやな経験を思い出すからでしょう。

多くの歯科医が患者の恐れを理解しているという情報があります。優しく丁寧に治療することで、歯科治療ストレスをかなり減らすことができます。

英国歯科保健財団の歯科医師、カレン・コーツ氏は、同組織の歯科ヘルプラインは恐怖と恐怖症について多くの問い合わせを受けていると述べています。

カレンは以下のように言います。
「歯科医を恐れている人は、どうしようもなくなって、私たちに助けを求めてきます。彼らの歯は見栄えが悪く、歯痛がひどく、歯科医に行って歯を治したいと思っています。」

「何年も歯科医に行かないほど恐がっている人もいますが、20歳代や30歳代で、幼少期以降歯科医に行っていない人が多いです。最近、歯科恐怖症の母をもつ16歳の少女がヘルプラインに電話してきました。母が娘を歯科医に連れて行ったことは一度もなく、少女は必死に歯科検診をしたいと考えていました。」

歯科治療の進歩

恐怖や不安で何年も歯科医に行っていないならば、今ではより利用しやすくなったので安心してください。

「歯科医を恐れているほとんどの人は、子どものときの治療中のいやな匂いや音を覚えています。」とカレンは語ります。最近の歯科医院には、待合室に花、壁に絵、快適な待合スペースがあり、丁寧なスタッフがいて、非常に利用しやすくなっています。

カレンは「もちろん、まだ歯科治療の匂いや音はしますが、目に見えないようにしたりBGMによって気にならなくなっています。昔ほどドリルの音もしなくなりました。」と付け加えています。

テクノロジーの進歩により歯科治療も改善されました。治療は完全に無痛にできます。歯科用ワンド(ペンのように見え、麻酔薬を非常にゆっくりと送達して痛みを伴わないコンピュータ化された注射システム)は、針恐怖症の人には最適です。針をわからなくするために、注射前に歯茎を麻痺させる麻薬ゲルを使うこともできます。

歯科治療の恐怖を和らげるための8つのヒント

歯科医に行くのが心配なら、カレンが恐れを和らげるためのヒントを挙げています。

・理解してくれる歯科医を見つけてください。お勧めの歯科医かどうか友人や家族に尋ね、歯科医を恐がる患者に慣れている歯科医を探すようにしてください。

・よさそうな歯科医を見つけたら、中を見に行き、受付と歯科医に会って、中の様子を見てください。歯科医に行くのが不安だということを受付と歯科医に伝え、あらかじめ知っておいてもらいます。

・歯科医について考える時間を少なくするために、早朝に予約をとってください。

・最初は簡単な検診なので、詰め物、ドリル、注射針を気にする必要はありません。あなたと一緒にあなたの予定にあなたの友人を連れてください。歯科医のことを知るチャンスだと思ってください。

・友人を連れていってください。診察や治療中に友人がいても、歯科医は気にしません。

・休憩が必要なときや治療を止めてもらいたいときに使うサインを決めてください。人差し指を立てるような簡単なものでよく、自分でコントロールできるように感じられます。

・効果がありそうな場合、クリーニングから徐々に初めて、歯科医との信頼関係を築いてから、より広範囲に渡る治療に取り組んでください。

・歯科医にいる間音楽を聞くために自分用のステレオを持っていってください。リラックスできるでしょう。

関連記事一覧