「日焼けによって私は皮膚癌になってしまいました」

その他

つま先におかしな形状のぼくろを発見するまで、レイチェルは日焼けが大好きでした。それは、悪性黒色腫であり、侵襲性の皮膚癌でした。
「16歳から26歳まで、私はいつも日焼けをするつもりで休暇をとっていました」とレイチェルは言ます。 「最初の数日間はSPF25の日焼け止めを塗っていましたが、2週間目には自分の肌をもっと茶色にしたいと思ったのでオイルを塗りました。」
「2000年には、私の足元の間にこの面白い形のほくろがあることがわかりました。私の体には多くのほくろがありましたが、何も問題を起こしたことはありませんでした。でも、医者はそのほくろに注意するように言いました。」
「ビーチサンダルを着用し始めた翌年の夏、ほくろがおかしな色になっていました。医者は私を専門医にすぐに行くように手はずをとりました。数分内に私は手術室に連れて行かれて、ほくろを取り除きました。」
「家に戻って、私は足を休めたが、心配していませんでした。私は26歳でしたから、それが何か悪いことになるなんて思いもしませんでした。」

不安な知らせ

「10日後、私の人生を変える電話がありました。ほくろは悪性メラノーマでした。専門家は、腫瘍の深さが1ミリメートル以上であれば、体の他の部位に広がっている可能性があると懸念していました。
「病院に戻り、自分の足の広い部分を切り取り、癌が私のリンパ節(体から毒素を排出する腺)に広がっているかどうかを調べました。太ももの部分を切り取らなければなりませんでした。」
「全ての癌が取り除かれたかどうかを知るために2週間待たなければなりませんでした。ありがたいことに、すべての悪性細胞を取り除くことができ、化学療法は必要ありませんでした。」

幸運にも難を逃れることができたこと


「信じられないほど私は幸運だったと思います。癌が早期に発見されなかった場合、私の肝臓や脳などの器官に広がっている可能性があり、今日私はここにいないかもしれません。」
「今、私が日焼けをしている自分の写真を見て、私がどれほど馬鹿だったことかと思います。太陽の下で外出する時は、慎重に注意を払わなければなりません。私は長いズボンと長袖シャツと帽子で常に覆うようにしています。」
「日焼けをしたいときは日焼け剤を使います。私から皆さんへのアドバイスは太陽から離れることです。肌を安全で健康的に保つことができます。」

ほくろについての警告

皮膚のほくろの大きさ、形、または色の変化を検査する必要があります。懸念がある場合は、かかりつけ医に相談してください。

関連記事一覧