1型糖尿病 – 合併症

その他

糖尿病は治療しないと、さまざまな健康上の問題を引き起こす可能性があります。
高血糖は、血管、神経および器官に損傷を与えることがあります。
症状を起こさないほど軽度な血糖値の上昇でも、長期的には有害な影響を及ぼすことがあります。

心臓病および脳卒中

糖尿病の場合、冠状動脈性心疾患(CHD)を発症する可能性が最大5倍高くなります。
長期に渡り、血糖値のコントロールが不十分なため、アテローム性動脈硬化症(脈管の毛細血管狭窄)が発生する可能性が高くなります。
これは心臓への血液供給不良を招き、狭心症(胸の鈍い重い痛み)を引き起こす可能性があります。
また、心臓や脳の血管が完全に閉塞して心臓発作や脳卒中に至る可能性も高まります。

神経損傷

高血糖値は、神経の小さな血管に損傷を与える可能性があります。
これは、ひりひりした痛みや、手の指や足指から手足全体まで広がる激しい痛みからを引き起こす可能性があります。また、足の潰瘍化を引き起こす可能性のある無感覚を引き起こす可能性があります。
末梢神経系(脳および脊髄以外の神経系)への損傷は、末梢神経障害として知られています。
消化器系の神経が冒されている場合、吐き気を感じたり、嘔吐、下痢、便秘をすることがあります。

糖尿病性網膜症

糖尿病性網膜症では、目の後ろの組織の光感受性層である網膜が損傷します。
網膜は一定の血液の供給を必要とし、それは小さな血管のネットワークを介して受けます。 時間の経過とともに、持続的に高い血糖値がこれらの血管に損傷を与え、視力に影響を与える可能性があります。
毎年の目の検査は、通常、地域の写真用組織によって組織されます。重大な損傷が検出された場合は、目の症状の治療を専門とする医者(眼科医)に相談することができます。
血糖値をコントロールすればするほど、目の重大な問題を引き起こすリスクは低くなります。
糖尿病性網膜症は、早期に摘出されれば、レーザー治療を用いてコントロールすることができます。 しかし、これは改善するというよりも今の視力を保持するだけです。

腎臓病

腎臓の小さな血管が閉塞して漏出すると、腎臓の機能が低下します。
これは通常、高血圧に関連しており、これを治療することはコントロールの重要な部分です。
まれなケースですが、これは腎不全につながります。腎臓の置換、透析による治療、またはときには腎臓移植が必要になる可能性があります。

足の問題

足の神経の損傷により、小さな切り傷や傷に気付かず、循環不良と相まって、足の潰瘍につながる可能性があります。
糖尿病の約10人に1人が足の潰瘍を発症し、潰瘍は深刻な感染を引き起こす可能性があります。
糖尿病を患っている場合は、治療していない傷や切り傷、腫れや腫瘍、触ると熱く感じる皮膚に注意してください。また、少なくとも年に一度は足を検査する必要があります。
血行不良や神経障害が検出された場合は、毎日足を確認し、医者、看護師、または足病医に変化を報告してください。

性的機能不全

糖尿病の男性、特に喫煙している人では、神経や血管の損傷は勃起の問題につながります。 これは通常、投薬で治療することができます。
糖尿病の女性には以下の可能性があります。
・性欲減退(リビドーの喪失)
・セックスによる快楽の軽減
・膣の乾燥
・オルガスム能力の低下
・セックス中の痛み
膣潤滑が不足している場合、または痛みを伴う痛みを感じる場合は、膣潤滑剤または水系ゲルを使用することができます。

流産と死産

糖尿病の妊婦は、流産や死産のリスクが高くなります。
血糖値が妊娠初期および直前にきちんとコントロールされていない場合、赤ちゃんが重度の先天性欠損を発症するリスクも高まります。
糖尿病の妊婦は、通常、病院や糖尿病の診療所で出産検診を受けることになります。できれば、妊娠を専門とする医者(産科医)がいるのが理想的です。
これにより、ケアチームは血糖値を注意深く観察し、インスリン投与量をより簡単にコントロールし、赤ちゃんの成長と発達をチェックすることができます。

関連記事一覧