日焼けマシーンでの日焼けについての危険性

症状

日焼けマシーンでの日焼け

日焼けした肌は、年齢や人種問わず傷ついており、健康的ではありません。日光ではなくマシーンによって日焼けしても、肌はダメージを受け、皮膚癌のリスクが増えます。
それでも、夏の間あるいは一年中日焼けしたい人はたくさんいます。冬は屋内で人工的に日焼けさせることがありますが、日焼けマシーンは非常に危険です。使用者は皮膚癌発症率が高く、実際、一部の報告では、35歳までに日焼けマシーンを使用すると皮膚癌のリスクが75%増加すると推定されています。
日焼けマシーンの使用に反対する医師の声にも関わらず、いまだに2つの嘘が広まっている状況です。
・嘘1:屋内日焼けは屋外日焼けよりも安全
・嘘2:屋内日焼けでビタミンDを増やせる
これらの根拠は全くありません。 実際に研究では、日焼けマシーンの紫外線放射の強さが日光より危険だといわれています。紫外線には、皮膚を損傷させ皮膚癌を引き起こす可能性のあるUVAとUVB線がありますが、屋内の日焼けマシーンは両方の光線を浴びせます。
2009年、WHOの国際がん研究機関は、クラス1のヒト発がん性物質として日焼けマシーンを認めました。クラス1は最もリスクの高いカテゴリーです。それまでは「おそらく人に発癌性がある」という分類でしたが、クラス1になり「おそらく」という文言が削除され、「発癌性がある」という表現になりました。

健康的な日焼け方法

全ての人は屋内日焼けを避けるべきですが、日焼けした肌が好きならば有効成分のジヒドロキシアセトン(DHA)を含むセルフタンニング製品を選んでください。ローション、フォーム、ワイプ、スプレーのタイプがあり、ほとんどが速効型で、数時間で肌を小麦色にします。 色は約1週間持続します。
また、ビタミンDを得たいのならば、日焼けではなく食べ物や栄養補助食品がおすすめです。ビタミンDが豊富な食品には、魚、オレンジジュース、牛乳などの乳製品、穀類が含まれます。
屋外での日焼けも避けてください。この記事は屋内日焼けの危険性に焦点を当てていますが、屋外も安全ではありません。日光の下では保護服を着用してください。曇りの日も日焼け止めを塗ってください。

注意事項

日焼けマシーンには以下のような危険性があります。
・基底細胞癌、扁平上皮癌、黒色腫を含む皮膚癌
・眼の癌
・白内障などの眼疾患
・早期老化
・免疫系抑制

病院を受診するとき

皮膚癌は最も一般的な癌のタイプで、早く発見すればするほど簡単に治すことができます。以下のような兆候があります。
・時間の経過とともに色、質感、大きさが変化する斑点(茶色のものもある)
・思春期後に現れる臼歯または斑点
・着色(黒または茶色)または半透明で皮膚の一部が巨大化
・肌のかゆみ、痂皮(ルビ)、出血など
・痛みを伴うほくろ

医者に相談すべき質問

・私は過去に日焼けマシーンを使用していました。 今後、皮膚癌のリスクを減らすことができますか?
・紫外線放射によるダメージを元に戻すことはできますか?
・遺伝で皮膚癌のリスクが少なくなることがありますか?
・皮膚癌の家族がいると、リスクは増しますか?
・どのくらいの頻度で皮膚癌のセルフチェックを行うべきですか?
・元々肌の色が濃くても、日焼けによる被害や皮膚癌のリスクがありますか?
・皮膚の斑点が癌性の可能性がある場合、どうすればよいですか?
・皮膚癌の治療法は何ですか?

関連記事一覧