年代別の口と歯を健康に保つ方法について

症状

乳幼児の場合

乳歯は既に出生時にほぼ完全に形成されています。 乳歯は歯茎の下に隠れています。 生後、赤ちゃんが食べ物を噛み、よく話すことができるため乳歯は重要です。 赤ちゃんの乳歯は、永久的な歯が最終的に生える場所も保っています。 乳歯は永久歯がまっすぐに成長するのを助けます。次のような方法で、赤ちゃんの歯をケアすることができます。
毎日新しく生えた歯を磨く。 歯が最初に生えてきたら、きれいな濡れた布で丁寧に擦って拭く。 歯の大部分が出てきたら、子供用の歯ブラシを使用する
2歳未満の子供には歯磨き粉を使用しない。 代わりに、子供の歯磨きには水を使用する
赤ちゃんが哺乳瓶をくわえたまま眠りにつかないようにする。 これは、ミルクやジュースを歯の上に残したままの状態にすることになり、 「哺乳瓶虫歯」として知られている虫歯の原因となる
年長の子供には、果物、チーズ、野菜などの低糖のスナックを食べさせるようにする。 子供に歯にべたつく、チューイングキャンディーを与えるのを避ける
子供に歯を磨く方法と歯をきれいに保つことの重要性を教える
定期的に子供を歯科医に連れて行く

十代の子供たちの場合

口と歯のケアを行うことは、気持ちいい息にするのを助け、虫歯を減らし、素敵な笑顔を保てるようになります。 次のような簡単なケアがあります。
フッ化物練り歯磨きで歯を1日2回以上磨く
少なくとも一日一回デンタルフロスを使う
歯を着色する原因となるタバコを吸ったり、噛みタバコを噛んだりしない。口臭や、がんの原因にもなる
格闘技をしている間は、適切な保護用ヘッドギアを着用する
定期的な点検と清掃のために、6ヶ月ごとに歯科医に相談する

大人の場合

大人になっても口と歯のケアを継続することで、歯の喪失、歯茎の痛みやその他の問題を避けることができます。 歯に何か問題や口に関する不安がある場合は、すぐに医師または歯科医に相談してください。
実践できることをいくつか下に挙げます。
フッ化物練り歯磨きで歯を1日2回以上磨く
少なくとも一日一回デンタルフロスをする
タバコを吸ったり、噛みタバコを噛んだりしないでください
医師に服用している薬が歯に悪影響を与える副作用があるかどうか相談する(例えば、薬の種類によっては口が乾燥することがある)
口の中を定期的に観察し、治癒しない傷跡、歯茎の刺激、またはその他の変化がないか探します
定期的な点検とクリーニングのために、6ヶ月ごとに歯科医に相談する

関連記事一覧