低プリン体食はどのような人が摂取するべきなのか

その他

低プリン食とは何ですか?

低プリン体食は、プリン体を含む食品を制限する食生活です。プリン体は天然物質で、いくつかの食品に含まれています。体がプリン体を消化すると、尿酸と呼ばれる老廃物が生成されます。関節の尿酸結晶の蓄積は、痛風として知られる関節炎の一種を引き起こす可能性があります。
プリン体は、健康によいとされる食品にも含まれています。 低プリン体食の目的は、プリン体を完全に避けることではありません。あなたの食事に含まれているプリン体の量を制限して監視し、プリン体を含む食品を食べるとに体にどのような反応がみられるかを知ることを目的とした食生活です。

どのような人が低プリン食にするべきですか?

痛風や高尿酸血症が原因の症状がある場合は、低プリン体食をお勧めします。 低プリン体食にすると、痛み、赤み、関節の圧痛などの症状が和らぎます。
こうした病気の研究が進むにつれて、痛風などの症状に食習慣が果たす役割が大きいことが明確になってきました。しかし、食生活の改善だけでは、痛風の症状を完全に抑えることができるわけではないことに注意してください。食生活の改善のメリットについては、主治医と相談してください。主治医が痛風のための薬を処方している場合、医師が止めるよう指示するまでそれを服用してください。

どのように始めることができますか?

まず、あなたが食べているものの中で、どの食品がプリン体を高く含むかを知ることから始めます。 高濃度のプリン体を摂取することを避け、プリン体の摂取量を適度に制限してください。
体がどのように食品に反応するかは人によって異なります。 どんな食べ物が体に影響を及ぼし、どんなものが及ぼさないのかどうか、次第にわかるようになるでしょう。 あなたの食生活が痛風を進行させる傾向があることがわかったら、それを食べないようにしてください。また、問題を引き起こさないものに関しては、自由に楽しむことができます。
体重を減らすことは、痛風の症状を軽減するのにも役立ちます。 しかし、急激には減らさないことが重要です。絶食や、急激な体重減少は、体内の尿酸値を増加させることがあります。 また、タンパク質や脂肪が多い食品は、通常、かなりの量のプリンを含んでいるため、避けてください。

関連記事一覧