セックスの前にパートナーに尋ねるべきこと

陰部

パートナーと話す

何年も一緒にしてきたか、一晩だけの付き合いであるかに関わらず、恋愛関係の一部としてセックス関係がある場合、またはそうなりそうな場合、パートナーにこのような方法で話をしてみることは重要です。

セックスについて話すことは、難しいことでも恥ずかしいことでもありません。あなたがそうであると感じるなら、それをより簡単にする方法があります。
このような避妊、性感染症(STI)、またはあなたがしたいこととしたくないことについて、二人で自分の考え、期待と不安を共有することができます。 意思決定を一緒にするのに役立ちます。

セックスについて話すとき

セックスするまで会話を待ってはいけません。急いで意思決定をしたり、通常は取らないリスクを取るかもしれません。
避妊具やコンドームについて事前に話すことで、あなたの選択肢を知ることができるので、考えて意思決定を下すことができます。
邪魔されることなくオープンに話せる場所と時間を選んでください。

どういえばいいのでしょうか

セックスと安全なセックスに話題を開始するには、次のような言い方があります。
「セックスについてどう思いますか?」
「私とセックスしたいですか?」
「私はセックスしたいけれど、あなたは準備ができている?」
「セックスをするなら、安全なセックスについて話すべきだ」
「コンドームで使っている種類はあるか?いくつか手にいれる必要がある。(コンドームはSTIに対して保護ができる唯一の避妊薬です。)
誰とセックスしているかに関係なく、安全なセックスについて話すことは重要です。 性感染症は、女性同士、男性同士、男女間で感染します。

避妊について話を出すこと

妊娠を避けたい場合は、一緒にさまざまな避妊方法について知ることが、セックスについて議論する良い方法になります。
一緒に避妊クリニックを訪問することもできます。 スタッフはあなたのオプションについて喜んで話をしますし、自分に合った方法を選択するのを手伝ってくれます。

性的経験について話す

パートナーの性的経歴を知りましょう。たとえば、リスクにさらす可能性のあるSTIがあるかどうかを調べましょう。こんな風に話を切り出しましょう。
「セックスをする前に、質問があります。STIの検査を受けたことがありますか?STIにかかったことがありますか?」
または、パートナーに何かを伝える必要があるかもしれません。このように言ってみましょう。
「セックスをする前に、あなたに伝えたいことがあります」
「セックスする前に話あってもいいですか?」
避妊クリニック、性感染症診療所、または泌尿器科(GUM)診療所の医師または看護師と、コンドームの使用を含め、より安全なセックスについて話し合うことができます。
これは、あなた、またはあなたのパートナーが感染しており、感染の拡大を止める必要がある場合に特に重要です。感染症や病状がある場合は、STIに関するチラシを持っていれば、一緒に話すのに役立つでしょう。
生涯に渡り影響を及ぼすことがあるSTIに、コンドームなしでセックスをすると感染してしまいます。

一晩だけの関係

出会ったばかりの人とセックスをすると思われる場合は、コンドームを持ち歩いてください。セックスをする場合は、必ず使用してください。
実際に性行為をする前に、それを使用するという話題を出してください。あなたとパートナーの性器が接するまで待つことはありません。これでは遅すぎます。性器の接触がある前と大人のおもちゃを使う前にコンドームをつけましょう。
コンドームを使用すると言う前に事前に考えてください。頭の中で、あなたがその話を持ち出すまでは、性交をしないという考えを確立させてください。例えば、心の中で、「コンドームの使用について話をしない間は、私のジップは下ろさない」と自分自身に言い聞かすことができます。

関連記事一覧