よく起こる10通りの肌の状態について

その他

アトピー性湿疹

アトピー性湿疹(アトピー性皮膚炎とも呼ばれる)は、湿疹の最も一般的な形態であり、皮膚をかゆく、赤く、乾燥させ、ひび割れさせます。
ほとんどの人にとって長期的な症状ですが、時間の経過とともに、特に子どもが成長していくにつれ、特に改善していきます。
身体のどの部分にも影響を及ぼしますが、最も一般的に影響します。
膝の前部または後部
肘の外側または内側
首、手、頬または頭皮の周り
保湿剤や局所ステロイドを使用するなどの治療は、症状を緩和するのに役立ちます。

口唇ヘルペス

ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスによって引き起こされる唇または口の周りに発生する小さな水疱です。
口の周りがうずき、かゆみや灼熱感で症状が始まります。小さな液体で満たされた傷口は、通常、下唇の縁に現れます。
ヘルペスは通常7〜10日以内に治癒しなくても治るが、抗ウイルスクリームは薬局で購入できます。症状を軽減し、治癒時間を早めるのに役立ちます。

蕁麻疹

蕁麻疹は、盛り上がったかゆみのある発疹のことです。体の一部に現れたり、広い部分に広がったりすることがあります。
多くの場合、発疹は数日以内に改善するため、治療は必要ありません。
かゆみが不快な場合、抗ヒスタミン剤が薬局のカウンター買えるので、役立ちます。
症状が48時間以内に消えない場合は、かかりつけ医の診察を受けてください。

膿痂疹

膿痂疹は、非常に伝染性の強い皮膚感染症であり、傷や水疱を引き起こします。 2つのタイプがあります。
非水疱性膿痂疹 – 典型的には鼻と口に影響を与える
水疱性膿痂疹 – 典型的には胴体に影響を及ぼす
子どもには一般的な病気ですが、誰にでもうつることがあります。
感染は3週間以内に完全によくなる可能性がありますが、症状が似ている他のより深刻な病気の場合があるので、できるだけかかりつけ医の診断を受けたほうがよいでしょう。
かかりつけ医は、抗生物質クリームまたは錠剤を処方して、すぐに膿痂疹をなくすこともできます。

かゆみ

かゆみは身体のあらゆる部位に影響を与えることがあります。軽度で短時間のかゆみは一般的ですが、時には重度であり、イライラするものもあります。
次のようなことが、助けになります。
掻くのではなく、かゆみのある部分を軽くたたくかはたく
例えば、湿ったやわらかい布でかゆい部分を押して冷やす
冷ための水またはぬるま湯での入浴またはシャワー
生理衛生製品を使用するときは無香料のものをえらぶ
羊毛や化学繊維など、肌を刺激する服を避ける
肌が乾燥している、またはひび割れている場合は保湿剤を使用してください
抗ヒスタミン剤とステロイドクリームは、特定の皮膚状態によって引き起こされるかゆみを和らげるのに役立ちます。

乾癬

乾癬は、典型的に銀色の鱗屑で覆われた鱗片状の赤い斑点を引き起こします。パッチは通常、肘、膝、腰に現れ、かゆみや痛みを伴うことがあります。
乾癬はほんのわずかにかゆいだけの症状の人もいますが、生活の質に大きな影響を与える程の影響のある人もいます。
乾癬を有する人々は、通常、症状がない、または軽度の期間が続き、次に症状がより重篤な期間が続きます。
かかりつけ医によってほとんどの人が治療されますが、乾癬が重篤な場合は、皮膚科医と呼ばれる皮膚専門医に紹介されることがあります。
乾癬の治療法はありませんが、治療によって症状が改善する可能性があります。治療にはこのようなものがあります。
クリームおよび軟膏
光による治療(光線療法)
経口または注射によって服用される薬

白癬

白癬は虫が原因ではなく、伝染性真菌感染症で、体のほぼどこにでも現れることがあるが、典型的には腕と脚に現れるものです。それは、リング状で赤色または銀色の鱗状の発疹を引き起こします。
誰でも白癬にかかりますが、子どものほうが一般的によくかかります。
薬局で入手可能な抗真菌クリーム、粉剤またはタブレットで白癬を治療することができます。
それが白癬であるかどうかわからない場合、または2週間薬局の治療を受けた後に感染が治癒しない場合は、かかりつけ医に診てもらう必要があります。

疥癬

疥癬は、皮膚に穿孔する小さなダニによって引き起こされる伝染性の皮膚病です。主な症状は、夜になると激しいかゆみがあり、赤い斑点状の発疹があります。
疥癬があると思ったら、かかりつけ医に行ってください。通常は深刻なものではありませんが、疥癬のダニを殺すためには、通常クリームやローションなどの治療が必要です。

白斑

白斑は肌に淡い白い斑点を生じ、その大きさは様々であり、どこでも発生する可能性がある。
彼らは、顔や手のような日光にさらされている部分や、濃い色の肌や日焼けの部分では、より目立ちます。白斑が頭皮にある場合、髪が白髪になります。
白斑は長期的な病です。伝染病ではありません。白斑が疑われる場合は、かかりつけ医に行ってください。治療は、肌の外観を改善することを目的としています。
着色クリームで白くなった肌の部分を隠す
ステロイドクリーム
光で治療する(光線療法)

疣贅

疣贅は小さな塊で、どこにでも現れますが、通常は手と足に影響します。 足の上のいぼは、と呼ばれます。
ほとんどの疣贅は無害で、治療を受けなくてもきれいになおりますが、痛みを伴う場合や、不快感や恥ずかしさを感じる場合は、疣贅を治療してよいでしょう。 治療には次のものが含まれます。
サリチル酸
疣贅を冷凍させる(寒冷療法)
粘着テープ(ダクトテープ)
化学治療

関連記事一覧