女性の肺がんについて知っておきたいこと

その他

女性は男性より喫煙に依存しやすい

女性は男性よりも禁煙しづらい傾向があります。再び吸ってしまう確率が高く、ガムなどのニコチン代替製品を使用しても成功する可能性ははるかに低いのです。

科学者によると、女性が男性よりもニコチンに肉体的に依存してはいないものの、行動的に依存しやすく、それが原因でやめづらくなっているのです。

禁煙したいと思う女性にとって好都合なのは、月経周期の後半に禁煙すると成功する確率が2倍になるということです。生理中に血中のホルモンプロゲステロンが高濃度になると、体内からニコチンが速く排出されるので、ニコチン離脱症状を軽くすることができるのです。また、女性が禁煙に成功すると、男性よりも早く肺の機能が回復するということも明らかになっています。

女性の肺は男性より弱い

いくつかの研究から、女性は男性よりも肺がんを発症しやすいことが明らかになっています。女性喫煙者は、男性喫煙者よりも肺がんを発症する可能性が2倍高く、喫煙本数が少なく、喫煙期間が短かったとしても同じ結果が出ています。一方、肺がんの女性は、肺がんの男性よりも長く生きています。

この理由はまだ明らかではありませんが、遺伝によるものではないかと考えられています。科学者らは、女性は肺がんの増殖を加速させる遺伝子が活発に動いていることを発見しています。また、女性ホルモンであるエストロゲンが、女性が肺がんを発症する原因に影響を与えているのではないか、という結果も明らかになっています。

関連記事一覧