未成年のアルコール摂取のリスクについて

症状

未成年の飲酒

未成年者の飲酒は、所得や人種に関係なく、どの家庭でも発生する可能性があります。飲酒する未成年の親は、自分の子どもがなぜ飲酒するようになったか、なぜ中毒になったか、そして治療法を理解し、飲酒の危険性について伝えることが重要です。子どもが早く飲酒すればするほど、将来酒を乱用する可能性が高くなります。
また、たとえ定期的に飲まなくても、大量のアルコール摂取や中毒につながるビン酒を飲むことは危険です。

改善方法

・飲酒の理由を聞く
危険性について子どもと話し、なぜ飲酒したのか理解することが重要です。 10代が飲酒した場合、仲間からいじめのような圧力を受けた可能性があります。彼らは、飲酒のメリット(気分が良くなるし、害はなく、誰でも飲むというようなこと)をあなたの子どもに伝えたのでしょう。そのプレッシャーを理解しながら、子どもの話を聞いてください。
また、飲酒の一つの理由として、独立心が強くなったことが考えられます。子どもが親離れするにつれ、監視することが重要です。
もう一つの理由として、学校、社会、家庭でのストレスも考えられます。ストレス対処法を教えるようにしてください。虐待を受けたり精神障害のある子どもほど、飲酒リスクが高くなります。
・子どもと会話する
子どもとの会話が、未成年の飲酒を減らす上で非常に重要だと考えられています。会話によって、アルコールへの考え方に影響を与え、将来に備えることができます。
研究によれば、親が積極的に子どもの生活に関わっている場合、子どもは飲酒しにくくなるという結果や、飲み過ぎる親の子どもは飲み過ぎる可能性が高いという結果が出ています。あなたが飲酒している場合、適量にし、飲酒運転はしないでください。
子どもと話し合うべき話題として、以下のものがあります。
・ブラックアウト
多くのアルコールを飲んだ後、記憶を失うことを意味します。
・アルコール中毒
血液中のアルコール濃度が高く、毒性があると考えられる状態。 命に関わる可能性があります。
・傷害や事故
未成年者の飲酒は、運転での転倒や交通事故などにつながります。
・危険な行動
子どもが大量に飲酒した後、法律上罰せられることをする可能性があります。
・脳へのアルコールの影響
20代半ばまで成長する脳に影響します。
・死
・ストレスの対処法
飲酒はストレスの解決にはならないことを教えてください。運動、音楽、読書、映画、ボランティア、お喋りなどの対処方法があります。
・法にふれたり、成績が落ちる
未成年の飲酒や飲酒運転による法律面での影響(逮捕記録を持つ、免許を失う)を説明したり、学業面での影響(学校のチームやクラブでの失点、大学の奨学金を失う)を教えてください。
・正しい友人を選ぶ
同じ目標や生活習慣を持つ友人を見つけるように勧めてください。友人が飲酒していると、子どもも飲酒する可能性が高くなります。
しかし、会話だけでは対策として十分ではありません。
・友人とのパーティーを大人が監督する
・アルコールを自宅に置かない(鍵をかける)
・飲酒や飲酒運転での罰則を書面で交わす(運転免許の喪失、自由時間の喪失、門限を厳しくする、罰金納付など)

考慮すべき事項

アルコールを乱用すると、次のような多くの悪影響がもたらされます。
・傷害および死亡(子どもまたは被害者)
・危険な行動(性的、暴力的、または攻撃的)。
・学業面の影響(落第、クラブに参加できない、大学奨学金が受けられないなど)
・中毒(薬物使用にもつながる可能性がある)
・脳の発達の遅れ
・アルコール中毒
飲酒は子どもに影響するだけでなく、酔っ払っている間に他人を負傷させたり、殺害したりすることがあります。
アルコール中毒の兆候には、次のものがあります。
・うつ病、怒り、神経過敏
・成績の悪化
・職場や学校での問題行動を起こす
・新しいグループの友人を紹介しない
・元気がない
・かつて楽しんでいた活動やレクリエーションへの関心がなくなる。
・目が赤い、アルコール臭がする、ろれつが回らない、集中できないなど
治療には下記の種類があります。
・個人またはグループカウンセリング
・入院治療
・外来治療
・病院プログラム
・継続的な回復支援プログラム
・ピアサポート
あなたの子どもにはどの治療が適切か、医師に聞いてください。

医者に相談すべき質問

・子どもに飲酒の疑いがある場合、中毒か一過性かはどのようにわかりますか?
・子どもが18歳未満の場合、治療できますか?
・配偶者が毎日ほどほどに飲む場合、子どもとのアルコールとの会話はどうしたらいいですか?
・アルコール依存症は遺伝性ですか?

関連記事一覧