健康のためのサイクリングを安全にするためのヒント

症状

自転車は良い運動になりますか?

はい、自転車に乗るのはとてもよい運動になります。体形維持を助け、体重を減らし、心臓発作のような病気のリスクを減らすことができます。 自転車はジョギングよりも関節への負担が少ないため、体にも優しい運動です。

自転車の衝突事故の原因は何ですか?

あなたの不注意が事故の原因となることもありますし、車の運転手や道に敷かれた砂利のせいにしたくなるときもあるでしょう。 車とぶつかったり、あなたがスピードを出していたりした場合、重傷を負うでしょう。スポークやペダルに指やつま先を挟んで怪我をすることもあります。

自転車から落ちたら?

倒れたときに頭を打ってしまった場合、たとえ軽傷であっても医師に診てもらってください。

怪我をしないためには何ができますか?

頭と顔を保護する一番よい方法は、ヘルメットを着用することです。 自転車から落ちた場合、ヘルメットは衝撃の力を吸収し、頭を守ります。乗っている時間に関係なく、子供も大人もヘルメットを着用する必要があります。 これは現在、一部の州では法律になっています。(国内向け要解説)
ヘルメットを選択するときは、ぴったりとフィットしていることを確認してください。顎のストラップを握ったときに、ヘルメットが前後左右に動かなければ大丈夫です。正しくフィットしているかどうか分からない場合は、店員に聞いてください。
自転車による怪我を予防するためのヒントをいくつか紹介します。
親は子供に基本的な交通ルールを教え、安全な場所で乗っているかどうか確認する必要があります。10歳未満の子どもには、交通量の多い場所では乗らせないようにしてください。
目に埃や虫が入るのを防ぐスポーツ用サングラスを着用する
車の運転手があなたを見つけやすくするために、明るい色の服を着用する
パッドつきの手袋を着用して、まめができたり、破片で怪我をしたりしないように手を保護する
パッド入りショートパンツを着用し、快適なシートを使用して臀部の痛みを軽減する
夜間の乗車は避け、日中でも視界が悪い時や天候が悪いときには、ライトをつける
常に警戒して、路上に何かないか確認する

自転車が安全であることはどうしたらわかりますか?

自転車のすべてのパーツが問題なく機能しているかどうか、常に確認することが大切です。ブレーキが作動していることを確認する習慣をつけ、自転車に緩んだ部品や壊れた部品がないことを確認してください。反射板とライトは、夜間に車の運転手に見やすくします。 自転車を買ったお店に持っていき、時々点検してもらうのもよいでしょう。

チャイルドシートはどうですか?

自転車に子供と一緒に乗る場合は、座席の前か後ろに付けられるチャイルドシートを使用する必要があります。 子供には必ずヘルメットを着用させてください。 また、自転車にスポークガードが付いていることを確認して、子供の足がスポークに引っかからないようにしてください。

関連記事一覧